パワーストーンの真実。

舎人独言

赤と青または情熱と無情 フラメンコ イサベル・パントーハ 歌謡 タブラオ スペイン

世界の永遠の名曲、どれだけ知ってる?
名曲探しは、上の白いバーの文字をクリック♪

いいね! を集める方法・・・2つ目のマグカップの動画です。
不思議は、23秒から始まります。
手品でも催眠術でもありません。誰でもできます。
5000年前のアナログ(振動波)さ!

夫に捧げるとして発表された曲です。
「わたしの空はいつも青い」に泣かされました。

「彼はわたしの人生だった」


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

パワーストーンは本来、効果=パワーがあるからパワーストーン。
その効果を OKサインテスト、皮膚トラブルほか で実際に体験
できる物質が・・・中国六千年の歴史を持つ人類最古のパワーストーン、
翡翠(軟玉。宝石の翡翠は事なる鉱物)です。

乾燥肌、アトピー、水虫の痒みなど病院を変えても改善しない症状が治った
という報告がある貴重な水、ヒスイウォーターを完全無償プレゼントします。
翡翠マグを購入する義務も、購入の勧誘も一切ありません。
かゆくて眠れない方の例(クリックしてください)

家宝級で、自慢できる、不思議な翡翠マグは
半額セール(個数限定)でキャンペーン中です!

半額キャンペーンとOKサインテスト、動画コンテストの詳細は
上の「HOME」か、下の「トップページ」をクリック

トップページ(翡翠マグ・魔法の水)

  
 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

   
サビの部分です。
「彼はわたしの人生だった。
わたしの春、わたしの朝だった。
わたしの空はいつも青い。
わたしの心、わたしの喜び、わたしの言葉であった人よ。
そしてある日、彼は行ってしまい、全てが終わり
わたしは窓辺でただ待っている」

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)のサイトです。

フラメンコと闘牛。
あまりにスペイン的なイメージを体現する女性歌手がいます。
いつか大晦日のパーフェクTVでスペインのテレビを見たとき、
あきれるほどの長時間(9時間ぐらいはあったかな?)、
特別番組が組まれていました。
お読みになると分かると思いますが、なるほど国民的歌手です。

結婚した男は、国民的スターの闘牛士でした。
スターとスターの結婚です。国中が祝福したような結婚式でした。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

当時、彼女が歌うフラメンコ歌謡(カンシオン)は、
情熱の赤が似合っていたと思います。
子供たちにも恵まれて絶頂に見えた幸せが、けれど、突然、暗転します。

勇気ばかりでなく、牛を操る技術にも優れた闘牛士だったのに、
首を振るたちの悪い癖を持つ牛だったのか、
あるいは一瞬の気の緩みだったのか、
その角に突かれてしまいます。
華やかな闘牛士の装いは、
やはり弔いの経帷子(きょうかたびら)でした。

この曲では「戻ってきて、戻ってきて、わたしの許にもう一度。
あなたが必要なのです」
と呼びかけています。

この曲も、亡き夫に捧げられています。
「光の船乗り」

ハートに黒いヴェールがかけられたジャケットの
傑作「傷ついた心」からの曲です。
「あなたは嘘」

そんな風に見てしまうのがいけないのか、あるいは、
人生と歌を重ね合わせることを狙ったイサベル・パントーハの周辺がいけないのか、
イサベル・パントーハの歌の心のPasion(スペイン語)は
情熱であるより、受難の色彩を帯びて聴こえます。
Passion(英語)の第一義は、情熱でなく受難ということを、
知識としてでなく、実感してしまいます。

イサベル・パントーハの残りの人生は辛いでしょうね。
つまらない男と結婚するわけにもいきません。
昨年、チラッとスキャンダルめいたものが思わぬ事件で発覚しましたが、
まぁ、仕方ないじゃないですか。生身の人間なんですから。
忠臣蔵のような美学を全うしなくてもいいんです、人生は。きっと。

「愛をわたしに与えて」

舎人独言 の中では、もう1人の国民的名歌手として
マリア・ヒメネスを採り上げています。
日本語訳は、マリア・ヒメネスのページで。

「けれども、わたしは生きているでしょうか?」

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!