パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

Have Yourself A Merry Little Christmas 翻訳 創作エピソード

世界の永遠の名曲、どれだけ知ってる?
名曲探しは、上の白いバーの文字をクリック♪

ステロイドが効かない方は一度、無料のヒスイウォーターをお試しください。
乾燥肌、アトピー、水虫の痒みなどで100%ではありませんが、9割以上の高い実績があります。
かゆくて眠れない方の例(クリックしてください)
翡翠マグを購入する義務、購入・宗教への勧誘は一切ありません。

ジングルベール ジングルベ~ル♪ で浮かれっぱなしのお子ちゃまには
ついぞわかんめぇという大人の男の渋いクリスマス。それが
シナトラの Have Yourself A Merry Little Christmas の世界。
ま、できれば、わかんない方が幸せなんだろうけどネ^^:
どうしたことか心の一角に孤独を感じるクリスマスに、それでも
シナトラは一条の光を見つけたいかのようです。
確かに、自分への癒しのクリスマスソングがあったっていい。
歌人の永井陽子さんに「ひとつひとつ星座もあかり消すゆえに 
人よおのれを許して眠れ」なんて沁みる短歌がありました。

Have Yourself の Yourself は、Enjoy Yourself と同じですね。
Enjoy なら、ホントだよ、しっかり楽しんでね といったニュアンスが加わります。
つまり、Have Yourself A Merry Little Christmas は
ちゃんと過ごすんだよ お前は ささやかでも陽気なクリスマスを
ということになります。
この お前 は、シナトラは自分自身に言い聞かせていますが
オリジナルのジュディ・ガーランドは妹に歌って聞かせる体で、実は
自分を励ましてもいます。
サム・スミスは彼らしく誰かに語りかけているような^^

Yuletide olden yore といった普通の会話では登場しない言葉
が使われて、この特別で聖なるクリスマスの雰囲気を深めています。
ところでアメリカでは宗教的・政治的配慮から
メリー・クリスマス ではなくて ハッピー・ホリデー って言う
傾向が広がっているんだって。
罰当たりな無宗教がフツーの日本と違って、キリスト教の宗教色が本物
だからこそ、各宗教特に唯一無二の絶対神の信徒同士は反発・・・。
(でもキリスト教も、イスラム教も、ユダヤ教も同じ神様だよ♪)
だとしても、この歌は今更、言い替えようもないよネ。
創作エピソードやベストヴァージョン50ランキングと動画もどうぞ♪
翻訳はシナトラを聴きながらです。
一番下に、シナトラの Let it snow! の動画も入れておきまショ♪
☆クリスマスソング名曲集はこちらをクリック
☆敬虔なクリスマスソングはこちらをクリック
では、全訳です。

ちゃんと過ごすんだ お前は 陽気な、ささやかなクリスマスを
心持ちを明るくさせるんだ
今この時から 俺たちのトラブルは全部
視界から消えてなくなっていることだろう

ちゃんと過ごすんだ お前は 陽気な、ささやかなクリスマスを
クリスマスの季節を陽気にするんだ
今この時から 俺たちのトラブルは全部
何マイルも向こうのものになっていることだろう

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

太陽光も電子レンジも電磁波。
その仲間のマイクロ波・テラヘルツ波の
常識破りの不思議・・・翡翠マグ & ヒスイウォーター
新しすぎて馴染みがないかもしれませんが
実は中国6000年の叡智(えいち)。
韓国では長年、ペットボトルで流通していて安心です。

下の動画のOKサインテストの詳細は上の「HOME」か、下の「トップページ」をクリック

トップページ(翡翠マグ・魔法の水)

ウィスキーやブランデー、白酒、ワインもまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の
一端を実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。

さあ、ここで わたしたちは過ぎにし日にいるかのようだ
幸せな金色の日々なんだ 昔日(せきじつ)の
いとおしい存在でいてくれる、誠実な友だちが
わたしたちの傍らに集(つど)うのだ もう一度

何年にもわたってわたしたちは離れないでいるだろう
運命が許せば、だ
吊るしなさい 輝く星を 大きな一番高い枝に そして
過ごしなさい お前こそ 陽気な、ささやかなクリスマスを 今こそ

コーラス)
さあ、ここで わたしたちは過ぎにし日にいるかのようだ
幸せな金色の日々なんだ 昔日(せきじつ)の
いとおしい存在でいてくれる、誠実な友だちが
わたしたちの傍らに集(つど)うのだ もう一度

何年にもわたってわたしたちは離れないでいるだろう
運命が許せば、だ
吊るしなさい 輝く星を 大きな一番高い枝に そして
過ごしなさい お前こそ 陽気な、ささやかなクリスマスを 今こそ

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

オリジナルは1944年のミュージカル映画(MGM) Meet Me in St. Louis
(若草の頃、セントルイスで会いましょう)で、主演は「オズの魔法使い」
で「虹のかなたに」を紹介したJudy Garland ジュディ・ガーランド。
おしゃまで元気な女の子にだって、ちょっとムーディになっちゃう日って
あるよね。
ま、小さな女の子の世界ですから、言ってみれば他愛ないお話。
父親が昇進を狙って引っ越しを計画しているのが原因です。
ジュディが演じるエスターは末の妹のトゥッティがまだ起きていて、
心配しているのを知ります。Esther finds Tootie still awake, worried that
Santa Claus won’t be able to find the family chimney next year in New York
ニューヨークだと、サンタクロースが来年、家の煙突を見つけられない
じゃないかな と心配しているわけです。
実はエスター自身も、隣の家の男の子とのロマンスが終わっちゃうって
ショックを受けているわけですが。

シナトラは1957年、作詞・作曲した Hugh Martin ヒュー・マーティンに
アプローチします。
“The name of my album is A Jolly Christmas.
Do you think you could jolly up that line for me?” 俺のアルバムの名前は  
楽しいクリスマス なんだ。あの行を楽しくできるんじゃないかなぁ?」
で、新しくできたのが “Hang a shining star upon the highest bough.”という1行 でした。

マーティンは創作について「メロディで始まったんだ。ちょっとマドリガル
みたいで、好きだったけど2、3日、やっててもうまく進まず、ゴミ箱に
投げ捨てちゃった」。共作者の Ralph Blaine  ラルフ・ブレイン がその
メロディを耳にしていて、「捨て去っちゃうには良すぎるよ」と言ってゴミ箱
を漁ると  “Thank the Lord we found it.” 神よ感謝します。見つかりました。

で、今度は歌詞ですが、最初は
Have yourself a merry little Christmas
It may be your last
Next year we may all be living in the past
という具合。ジュディ・ガーランドは 
「(Tootie役の)マーガレットは泣いちゃうだろうし、観客は
わたしのことモンスターだと思うわ」と歌うことを拒否。
Don’t you think these are awfully dark?
I’m going to go to Hugh Martin and see if he can lighten it up a little.”’
ひどく暗いと思わない? マーティンにもう少し明るくできないか
訊いてみる
と当たったところ、マーティンは「気に入らなくて残念だ、ジュディ。
しかし、こうあるべきで、新しい歌詞なんか要らないね」
そこを、隣の家の男の子役だった Tom Drake トム・ドレイク が
マーティンを横に連れて行って
‘Hugh, you’ve got to finish it. It’s really a great song potentially,
and I think you’ll be sorry if you don’t do it.’
ヒュー、やり遂げなきゃ。すごい歌になる可能性があるよ。やらなかったら
後悔すると思うね
で、マーティン、家に帰って新しい歌詞をつくったそうな^^

The impossible dream などを翻訳してきた Robert Goulet です。
渋い声ですが、シナトラとは異なり、自分自身への呼びかけではなさそうです。

Sam Smith
歌詞がちょっと違いますね。
こっちの方が心暖かい感じ。
いかにもサム・スミスらしい・・のでしょうね。

小野リサ
どんなスタンダード曲を歌ってもちゃんと自分の世界をつくってしまう。
持ち味が確立しているわけで^^

Michael Bublé
正統的なクリスマスアルバムを創ろうとした結果だろうなぁ♪

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Bobby Finger の方が個人的にまとめた、このクリスマスソングの
ベスト・ヴァージョンです。
H と M は、歌詞のヴァージョンです。
M — “Until then we’ll have to muddle through somehow” used
H — “Hang a shining star upon the highest bough” used
M/W — Both used

50. Twisted Sister (H)

49. Tamar Braxton (H)

48. John Denver & The Muppets (H)

47. Christina Aguilera (H/M)

46. Jessica Simpson (H)

45. Michael Bolton (H)

44. Neil Diamond (H)

43. Joe (H)

42. Clay Aiken (H)

41. Kelly Clarkson (H)

40. John Travolta & Olivia Newton John (H)

39. Captain & Tennille (H)

38. Scott Weiland (M)

37. Sufjan Stevens (H)

36. Kermit the Frog (H)

35. Rosemary Clooney (H)

34. Kenny G (N/A)

33. Vince Gill (H)

32. The Jackson 5 (H)

31. She & Him (H)

30. Sandi Patty (H)

29. Martina McBride (H)

28. Toby Keith (H)

27. Rod Stewart (H/M)

26. Shawn Colvin (H)

25. Carly Simon (H)

24. Susan Boyle (M)

23. Patti LuPone (H)

22. Keyshia Cole (H)

21. Colbie Caillat (H)

20. Sarah McLachlan (H)

19. Whitney Houston (H)

18. Mannheim Steamroller (N/A)

17. Johnny Mathis (H)

16. Robert Goulet (H)

15. Doris Day (M)

14. Luther Vandross (H)

13. Michael Buble (H)

12. Monica (H)

11. Christina Perri (H)

10. Bette Midler (H/M)

9. Aimee Mann (H)

8. James Taylor (M)

7. Bing Crosby (M/H)

6. Mel Torme (M/H)

5. Ella Fitzgerald (M)

4. Frank Sinatra (H)

3. Amy Grant (H)

2. The Carpenters (H)

https://medium.com/media/ae063daf37599f8496dd22930637a381/href

1. Judy Garland (M)

大人のクリスマスソングの苦みは
一方で楽しさは Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
(省略して Let it snow)でしょう。
やっぱビッグバンドをバックにすると、ゴージャスですしネ。
この曲、熱波の真っ只中にあった7月に、カリフォルニアで
書かれたんだって♪
フィル・スペクターたちとご同様です。

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!