パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

映画男と女 和訳 L’amour est plus fort que nous 解読 愛は私たちより強い

日本人とフランス人と、その恋愛観の決定的違いを思い知らされる曲でしょう。
だって普通、日本人って、恋愛の論理なんてコンセプト、はじめっから頭にないもの。
それに日本人って普通、生まれてきたとは思うけど、「受肉した」なんて思わない。
しかも「聖別」という感覚、フツーの日本人は持っちゃいません。
恋愛に限らず、細部まで徹底的に論議を追求したがるフランス女性は、日本の男には、
とにかくメンドクくさいでしょ^^(そのくせ、フランスってモノづくりでは時に大ざっぱもいいとこ)
ジッドの「狭き門」でみたとおり、キリスト教の世界観が恋愛に影響を及ぼしていますネ。

アトピーや乾燥肌、水虫など皮膚トラブルで痒(かゆ)い方の過半数は
実は痒みから解放されます。
ステロイドが効かない方を含めてです。
かゆくて眠れない方のヒスイウォーターリポート
痒みが消えて副作用がなくてタダなら、文句ないんじゃない?
ウソか本当か15分で結論が出ます。無料体験会で確かめてください。

ヒスイウォーターは15年以上もコーヒーやお茶で飲んでいて安心な水です
なのに不思議な水なのですが、薬(メディシン)ではなく、ソリューション(解決策)の
ひとつです。民間療法に過ぎませんが、論より証拠、モノはためしです。無料の「お試し」
で効果をお確かめください。患者の会からの複数でのお試し依頼も歓迎します。
「お試し」に必要なのは郵送のための情報だけです。1日3人限定。
 
「お試し」のヒスイウォーターは、玉(ぎょく)の翡翠から離れたとたんに
パワーが急減していきます。ですので弊社からは速達で送ります。到着後、
2.30分で使いきるようにしてください。

塗って乾かして を5回繰り返して痒みがまったく薄れないなら、ヒスイウォーターは
むきません。2~3割はいらっしゃるようです。
ご希望の方は、ページ右上の「お問い合わせ」に今の状態を簡単に書いて
ご本人がお申し込みください。電話では受け付けていません。

弊社からの宗教や入会の勧誘はありません。電話ほかご購入への勧誘もありません。
(だから検索しても悪いクチコミはないでショ?^^)

玉(ぎょく)である弊社のヒスイのパワーに近いもので、皆様がなじみが深いのは
太陽の光や心臓が発生する電磁波(心電図が取れる理由}、電子レンジでしょう。

熱化学の常識としてはあり得ないことを書いていますが
試してみれば、副作用もなく簡単に体感していただけます。
全国紙の元記者としてのプライドがありますし、
実際にご体験いただけることしか書いていません。
ネット上でもネガティヴな報告はないようです。
ま、医療費の抑制にも貢献できますしネ^^

解決策は医学の常識の中にしかない
と思い込んでしまうのは結局、人類の驕(おご)りでしょう?
医学は人体の不思議をいったいどれほど解明できたでしょうか? 大自然の恵み
の玉である翡翠という解決策のひとつが、すぐそこに転がっているのですが。

脱ステロイドの番組放送に対し、学会など関連団体が抗議をするのは当然です。
ステロイドは薬品としてちゃんと社会に貢献しているのですから。ただ、舎人の
嗅覚障害は治してくれなかったから完璧な薬ではないのも現実です(現在は嗅覚を恢復)。
抗議は正当ですが、治療してくれるけど治療結果はさっぱり、お金の無駄遣いばっかり
という不満を抱える患者は、こうした番組の放送内容でも、うなづいてしまうのでは?
患者の苦しみが一丁目一番地。批判とか抗議とかの言葉でなく、結果がすべてじゃない?
ここはまず、副作用がないままで痒みを消し去ったモノが勝ち!でしょう^^

「男」を演じた名優、ジャン=ルイ・トランティニャンが2022年6月17日、逝去。
享年91歳。控え目な性格で、誘惑者というより誘惑される側と言われます。
長女を結婚相手のDVで亡くすなど実生活での暗い影が演技にさらに深い彫りを与えていました。
7度も出演したルルーシュ監督は「最も偉大な俳優のひとり。映画でも演劇でも聞いたことが
ない最も美しい声だった」と悼みました。「映画より芝居が好き」でしたが、オファーが
絶えず、約120本に出演しました。

映画「男と女」の中の挿入曲・・・ではあるのですが
それ以上に、キーワードのような歌
とも言えるのではないでしょうか?
ベッドインはしたのに結ばれなかった
アンヌとジャン・ルイの様子の映像とともに
この歌が流れます。歌詞によって、
なぜ二人が結ばれなかったか、
背景となっているすれ違いをうかがうことができます。

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

字幕は、ジャン・ルイとアンヌのセリフだけです。
ですが、この歌が、二人の心象風景を語っています。
大げさに言えば、この歌で何が語られているかを知らなければ
フランス人がみた「Un Homme et Une Femme」と
日本人がみた「男と女」は、
違うものになっているのかもしれません。
フランス人は当然、この歌詞を理解しているのに
日本人は理解できていないなら。

L’amour est bien plus fort que nous 
愛はわたしたちよりずっと強い・・・。映画を
ご覧になった方は、どのようにお答えになるでしょうか?
愛とは、いったい、誰と誰との愛なのでしょう?
わたしたちとは、誰と誰なのでしょう?
愛とは、アンヌの、あるいはジャン・ルイの愛なのでしょうか?
それともアンヌとジャン・ルイの愛なのでしょうか?
それとも亡くなってしまったピエールの?
わたしたちとは、ベッドインまでした
アンヌとジャン・ルイのことなのでしょうか?
それとも、アンヌとピエールなのでしょうか?

観る角度によって物語の構図は変わってしまいますが
最もシンプルな切り取り方は恐らく、アンヌの立場でしょう。
アンヌを機軸に据えると、以下のようになるでしょうか。
つまり、アンヌはずっとピエールとの愛を抱えている。
ジャン・ルイに好意を示され、受け入れたくも思ったけれど
まだピエールとの愛がヴィヴィッドに胸の裡にある。
ジャン・ルイが、ピエールとの愛の輝きを紛れさせるほどに輝くのは
最後のプラットホームでだけ。意外性とサプライズによる輝きだから
それは長続きするものではない・・・。

別の言い方をすると、アンヌとピエールの過去の愛は余りに強くて
現在のアンヌとジャン・ルイの愛を成立させようとしません。
アンヌとピエールが持った愛と時間が独立した人格のように一人歩きして、
現在のわたしたち(アンヌとジャン・ルイ)より強いのです。
L’amour est plus fort que nous  その愛はわたしたちより強い。
余りに強い愛がまだ生きていて、その意味で、アンヌとジャン・ルイの愛は
生まれる前に失われているのです。

映画は、そんな風にして今に至った現在の、アンヌとジャン・ルイの間の
ひとつの愛の不可能性を描きました。
その不可能性を端的に示していたのが今回の歌ということでしょう。
エンディングで一瞬、アンヌを歓迎させ、不可能性を超越します。
・・ですが、根本的な解決ではありません。だから一時的な克服でしかありません。
つまり時間の経過とともに、二人は分かれるしかないのでしょう。

50年ぶりという「続」「Ⅱ」に続く3番目の「男と女 アンナとアントワーヌ」は
この愛の不可能性をどのように描くでしょうか? 根本的解決を与えるでしょうか?

あのサンバ・サラヴァにも秘密があります。
和訳とその謎は、 サンバ・サラヴァ 解読 のページでお読みいただくとして
この映画はいったい、どれほど奥行きを持っているのでしょう?

正直、 ダバダバダ はいまだに、
コマーシャルで使われたりします。
今も新鮮さを失っていません。
「男と女」と言えば、ダバダバダ 
と言っても、それはそれで間違いではありませんとも。
でも、この「愛はわたしたちより強い」も
心にしみる素敵なメロディで、
とても価値があると感じられます。
英語の歌詞をつけられ、歌われたりしていますね。

女 )
わたしたちの過去を導き役にして
わたしたちははっきりさせるべきだった
でも 最終的なことに わたしたちは信じ合っていない
愛はわたしたちより強い

男 )
期待すること それとも あきらめられること
愛がそれを望むとき 愛とはわたしたちのことだった
ご覧 愛とはわたしたちであるはず
愛はわたしたちより強い

女 )
わたしのそばにあなたがいる時、何ができたでしょう?
時間がミステリーを身にまとい
夜の風はさらに芳しく
愛はわたしたちより強い

男 )
俗世で自由に生きること
あるいは檻の中で幸せに暮らすということ
大切なのは
わたしたちには関係なく 決めるのは愛なのだということ
愛はわたしたちより強い

女 )
それで充分なはず
もう愛さないと告げることで
それでも 愛とはわたしたちであるはず
愛はわたしたちより強い

彼女)
過去を導き役にして
彼)
それで充分なはず
彼女)
わたしたちははっきりさせるべき
彼)
もう愛さないように告げること
彼女)
最終的なもの わたしたちは信じ合っていない
彼)
ご覧 愛とはわたしたちであるはず
彼女、彼)
愛はわたしたちより強い

無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

上記の翻訳と、映像でみるアンヌのフラッシュバックとを合わせて
舎人の解読をもう少し続けます。
皆様は、どのように解読されるでしょうか?

結局、アンヌの現在の混乱そのままに、アンヌにとっては
愛とは第一に、アンヌと亡き夫のピエールとの愛であり
「わたしたち」とは、アンヌとピエールを意味しています。
と、同時に「わたしたち」とは、狭義には
アンヌとジャン・ルイなのではないでしょうか?
ベッドインはしたものの、この段階ではまだ過渡期ということ。
だから、アンヌにとって「男と女」とは「アンヌとピエール」であり
また、「アンヌとジャン・ルイ」なのです。

ジャン・ルイとの新しい出逢いに、
夜の風が甘く感じられるほどにときめいたのに
過去に属してしまったピエールのことが、
今もやっぱり忘れられず
ジャン・ルイとどうしても結ばれることができない・・・。
だから、新しく出逢った「わたしたち(アンヌとジャン・ルイ)」よりも
ピエールとの愛のほうが強い、と。

一方、ジャン・ルイのほうは、もっと単純です。彼にとって
愛とはただ、ジャン・ルイとアンヌで築くべき現在進行形の愛です。
「わたしたち」とは、ジャン・ルイとアンヌのことで、ピエールなど
どこにも介在してくる要素ではありません。
だから、出逢いによって得たと思われる愛に
二人して身を任せればいい。
それぞれ過去を持ち寄ってはいても、
アンヌはもう、そんな過去を忘れたほうがいい。
そんな事情を抱えながら、二人は
愛をはぐくみはじめたのではないか?
アンヌの胸のうちから消えない「わたしたち(ジャン・ルイとアンヌ)」より
この、今の二人の愛のほうが遥かに強いのだ、と。

ただ、男もわかってはいるのです。
「大切なのは
わたしたちには関係なく 決めるのは愛なのだということ」と。
自分の都合でどうなるものではない愛がある。
むしろ偉大な愛であるほど、自分の気持ちや意思で
前に進んだり、やめたりなどできないことを。

女と男は最後に声を合わせて歌います。
「愛はわたしたちより遥かに強い」と。
しかし、なんというすれ違いでしょう。
同じ「愛 L’amour」を口にしながら
「男と女」がそれぞれ語る愛は
まったく違うものなのです。
出逢いとはタイミングでもありますから
思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
だからこそ、普遍的な「男と女」の物語ではないでしょうか?

この歌詞に沿って読むなら、三人と、それぞれの愛の在り方が
映画の最大の魅力として浮き上がってくるのではないでしょうか?
最後の素敵な抱擁は実は、
このような障害=ためらいを乗り越えたことを意味する
映像ではないでしょうか?

実は、そんな風に分析的に描きながら
映画は「アンヌとジャン・ルイ」ではなく
「(ひとりの)男と(ひとりの)女」となっています。
あなたにもあり得る物語、普遍的な男と女の物語として語られているから
感動してしまうのでしょう。
どうも、ネットで拝見する限り、ほかの方たちとは異なる
「男と女」の「読み」となっているのですが。

しかし、注意しておかなければいけないのは
フランス人と日本人のそもそもの恋愛観です。
作家の松井今朝子が直木賞受賞直後、読売新聞に書いたように
日本人にとって、恋愛とはレンアイにとどまっているようですから。
その特徴のひとつは、歌詞にもあるとおり
 lucide つまり、明晰であること。
フランスの恋愛は「クレーヴの奥方」以降の心理小説で描かれたとおり
心の動きを明確に捉えることで、
行動を決めようとする傾向があるようです。
三島由紀夫はそんな恋愛を、
日本のレンアイ土壌に接木しようと努力したわけですが。

たとえば詩人のエリュアールは、こんな詩句を書きました。

Mais je suis bien aussi vivant que mon amour et que mon desespoir.
けれども ぼくは生きている ぼくの愛とぼくの絶望と同じように

L’amour choisit l’amour sans changer de visage.
愛が愛を選ぶ 面差しを変えることなく

愛は愛としてすでに別人格の様相を呈しています。
自分の意思でどうなるものでもない、というところが
「レンアイ」ではない「恋愛」の、
またもうひとつの特徴なのかもしれません。

生き生きと人生を生きる魅力的な男性として描かれるピエール。
そんな彼だからこそ、ヨーロッパの感覚から離れた、
フレッシュさが色あせないブラジル音楽が好き
という設定は納得させられます。
新鮮な驚きに満ちていて、飽きさせないピエールだからこそ、
アンヌはピエールが忘れられません。
登場シーンは少なくても、ピエールの存在は
時にジャン・ルイより遥かに大きく、強い。
また、サンバ・サラヴァなどの
ブラジル音楽が使われた意味も注目すべきでしょう。
(当時、アヌーク・エーメとピエール・バルーは実際の夫婦だったのも嬉しい事実です)

アンヌは、ピエールへの愛と、ピエールを失った絶望を共に
忘れられないまま生きていました。
それがアンヌという女性の誠実さです。
たとえ死が二人を別れさせても、
消すことができない愛であったことの証明です。
そしてアンヌとピエールとの強い絆であった愛があったからこそ、
アンヌは、やはり相当に自由な生き方をしている
ジャン・ルイとの愛を知ることができました。
列車の中で過渡期を終える準備が進み
思いがけるジャン・ルイの出迎えで
怖気づいていた未来に飛び込むことができたアンヌ。

映画のラストは、そんな風に、ピエールとの愛が
ジャン・ルイとの愛を導いたかのようです。

ピエールとの生き生きとした毎日が描かれる
サンバ・サラヴァのシーン。
そのサラヴァにひとつの秘密があります。

その謎は、こちらのページで。太字をクリックしてください。

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!