パワーストーンの真実。

舎人独言

婚約者に与える歌 キム・ヒョンチョル 和訳 サランハオ

世界の永遠の名曲、どれだけ知ってる?
名曲探しは、上の白いバーの文字をクリック♪

いいね! を集める方法・・・2つ目のマグカップの動画です。
不思議は、23秒から始まります。
手品でも催眠術でもありません。誰でもできます。
5000年前のアナログ(振動波)さ!

妻となる女性に贈られた歌。
君への愛が、君との愛が、永遠であれと
穏やかで敬虔な想いが刻まれました。
もちろん、結婚式でも歌われました。

君よ 愛するのです
今もって愛を測り知れずとも 
この年齢にして できるだけの
君よ 愛するのです 
君よ 眼差しは 永遠に輝くのです
わたしを信じるのです
君がわたしをわからないとしても
やがてわたしを棄てるとしても 
バカのように
その場にたたずみ 愛するのです


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

.。*:.。.「いいね!」をゲット♫  賞金もゲット! .。.:*。.

翡翠マグ・OKサイン動画コンテスト です。
手をつないで、何人いっしょに不思議体験ができるかな?
賞金は1等が10万円、2等5万円、3等1万円

OKサインテストと動画コンテストの詳細は
上の「HOME」か、下の「トップページ」をクリック

トップページ(翡翠マグ・魔法の水)

  
わたしは 約束するのです
わたしたちの愛が 澄み渡る光で染まることを 
君がわたしをわからないとしても
やがてわたしを棄てるとしても 
バカのように
その場にたたずみ 愛するのです

君よ 愛するのです
言葉で この気持ちをすべて表せはしないけれど
わたしは愛するのです
君が この気持ちを許してくれるのなら
この世の果てまで 一緒にするのです
君よ 愛するのです oh and I Love You 
言葉では すべてを尽くせはしないのです
わたしは愛するのです

君がこの気持ちを許してくれるのなら
この世の果てまで 一緒にするのです
君よ 愛するのです oh and I Love You
言葉では すべてを尽くせはしないのです
わたしは君を愛するのです

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

イ・ソラのデビューで尽力した作曲家・プロデューサー・歌手のキム・ヒョンチョル 김현철 が
親友の 윤상 とデュエットしました。2つ目の動画はユン・サンのアルバムに収録。
ユン・サンは既に「最後の嘘」で紹介しました。

사랑하오  サランハオ はちょっと古めかしい表現。日常的な表現なら サランヘヨ です。
つまり、妻となる人へのプレゼントとなるこの歌では、かしこまった表現をしたかったのですね。
その気持ち、女性の方は、わかってくれますよね?

キム・ヒョンチョルは、歌好き韓国社会で話題となっている番組 覆面歌王 で
声帯分析専門家として活躍していますね。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

メロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

この歌が韓国社会で広まるきっかけとなったのは
キム・ボムスが「わたしは歌手だ」で取り上げたため。
「知られていない曲で不利だけど」と、どうしてもこの曲を
歌いたい意欲をあらわにしました。
正直、エッ!? 韓国の人、知らないの? って思いましたね。
まだまだ韓国の音楽について初学といった気持ちで、行く度に200枚以上は
CDを買っていたから(韓国の法律には触れます^^:)。
すぐに廃盤になるから必死で買い出しに行っていたし、帰国してからも
かなりむきになってCDを聴いていました。
そんな玉石混交の中で、ピカッと光を放った曲でした。
というわけで・・・自分の耳とセンスに自信を与えてくれた1曲です。

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!