パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

Volver 帰郷 和訳 カルロス・ガルデル タンゴ

Volver と同じガルデルの名曲 El día que me quieras
想いの届く日 の翻訳を盗まれました。ロベルト・カルロス
のことも含めて、そっくり盗用してページがつくられています。
多分、弊社舎人独言の翻訳のページの上で検索されたりします。
そんなに翻訳を発信したいなら、自分なりに翻訳をしたらいいんじゃない?
「盗んでも平気」なんて、本物のプライドなんか持っていない人なのでしょう。

歌詞の中で最も胸にひびく
Y aunque no quise el regreso,
siempre se vuelve al primer amor
そして帰りたくないのに
人はいつも初めての恋に戻る
などについても書いています。

アトピーや乾燥肌、水虫など皮膚トラブルで痒(かゆ)い方の過半数は
実は痒みから解放されます。
ステロイドが効かない方を含めてです。
かゆくて眠れない方のヒスイウォーターリポート
痒みが消えて副作用がなくてタダなら、文句ないんじゃない?
ウソか本当か15分で結論が出ます。無料体験会で確かめてください。

ヒスイウォーターは15年以上もコーヒーやお茶で飲んでいて安心な水です
なのに不思議な水なのですが、薬(メディシン)ではなく、ソリューション(解決策)の
ひとつです。民間療法に過ぎませんが、論より証拠、モノはためしです。無料の「お試し」
で効果をお確かめください。患者の会からの複数でのお試し依頼も歓迎します。
「お試し」に必要なのは郵送のための情報だけです。1日3人限定。
 
「お試し」のヒスイウォーターは、玉(ぎょく)の翡翠から離れたとたんに
パワーが急減していきます。ですので弊社からは速達で送ります。到着後、
2.30分で使いきるようにしてください。

塗って乾かして を5回繰り返して痒みがまったく薄れないなら、ヒスイウォーターは
むきません。2~3割はいらっしゃるようです。
ご希望の方は、ページ右上の「お問い合わせ」に今の状態を簡単に書いて
ご本人がお申し込みください。電話では受け付けていません。

弊社からの宗教や入会の勧誘はありません。電話ほかご購入への勧誘もありません。
(だから検索しても悪いクチコミはないでショ?^^)

玉(ぎょく)である弊社のヒスイのパワーに近いもので、皆様がなじみが深いのは
太陽の光や心臓が発生する電磁波(心電図が取れる理由}、電子レンジでしょう。

熱化学の常識としてはあり得ないことを書いていますが
試してみれば、副作用もなく簡単に体感していただけます。
全国紙の元記者としてのプライドがありますし、
実際にご体験いただけることしか書いていません。
ネット上でもネガティヴな報告はないようです。
ま、医療費の抑制にも貢献できますしネ^^

解決策は医学の常識の中にしかない
と思い込んでしまうのは結局、人類の驕(おご)りでしょう?
医学は人体の不思議をいったいどれほど解明できたでしょうか? 大自然の恵み
の玉である翡翠という解決策のひとつが、すぐそこに転がっているのですが。

脱ステロイドの番組放送に対し、学会など関連団体が抗議をするのは当然です。
ステロイドは薬品としてちゃんと社会に貢献しているのですから。ただ、舎人の
嗅覚障害は治してくれなかったから完璧な薬ではないのも現実です(現在は嗅覚を恢復)。
抗議は正当ですが、治療してくれるけど治療結果はさっぱり、お金の無駄遣いばっかり
という不満を抱える患者は、こうした番組の放送内容でも、うなづいてしまうのでは?
患者の苦しみが一丁目一番地。批判とか抗議とかの言葉でなく、結果がすべてじゃない?
ここはまず、副作用がないままで痒みを消し去ったモノが勝ち!でしょう^^

  

タンゴ歌手の中で圧倒的な人気を誇った Carlos Gardel カルロス・ガルデル
の Volver ボルベール は、現代の歌手たちにも歌い継がれています。
最もよく聴いたロベルト・カルロス、最も聴きやすいと思われるマノーロ・オテロ
最も知られている映画「帰郷」でのパフォーマンス、そしてオリジナルを紹介します。
素敵な歌詞の2行についても書いています。
まずは ロベルト・カルロス で。

わたしは思い浮かべる 
遥かな光のまたたきが
わたしの帰郷を見つめるのを
青くきらめいて それは同じなのだ
苦く深い時を灯すことと

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

そして 帰りたくないのに
人はいつも初めての恋に戻る
星たちが蔑みの目で見下ろす中
昔なじみの街路が今日、無関心にも
わたしを目撃するだろう
そこでは こだまが告げるのだ
お前の人生とは彼女のものだった
お前の愛は彼女のものだった、と

帰って行く 皺深い顔となって
時という雪が
わたしのこめかみを白く染めている
感じる 人生とはひとつ分の呼吸なのだ
20年はなにものでもない
影の中をさまよい お前を探し 
お前の名を呼ぶ熱を帯びた視線なのだ
生きる またも涙に暮れる甘い追憶に
絡みとられて

わたしは恐れる 出会うことを
人生とまた向き合うことに戻る過去と
わたしは恐れる 思い出に浸りながら
わたしの夢に足かせをはめる夜を
しかし旅人は 遅かれ早かれ 
その歩みをとめるもの
そしてすべてを破壊して 忘却は
わたしのかつての幻にとどめを刺すのだ
我が心の果報のすべてだったささやかな希望を
ひた隠したまま

帰郷する 皺深い顔となって
時という雪が
わたしのこめかみを白く染めている
感じる 人生とはひとつ分の呼吸なのだ
20年はなにものでもない
影の中をさまよい お前を探し 
お前の名を呼ぶ熱を帯びた視線なのだ
生きる またも涙に暮れる甘い追憶に
絡みとられて

わたしは思い浮かべる 
遥かな光のまたたきが
わたしの帰郷を注視するだろう、と
青く反射して それは同じものだ
苦く深い時を灯すことと
そして帰りたくないのに
人はいつも初めての恋に戻る
星たちが蔑みの目で見下ろす中
静かな街路が今日、無関心に
わたしを見ることだろう
そこでは こだまが告げるのだ
お前の人生とは彼女のものだったのだ
お前の愛は彼女のものだったのだ、と

帰るのだ 皺深い顔となって
時という雪が
わたしのこめかみを白くした
感じるのだ 人生とはひとつ分の呼吸なのだ
20年はなにものでもない
影の中をさまよい
お前を探し お前の名を呼ぶ
熱を帯びた視線なのだ
生きるのだ
またも涙に暮れる甘い追憶に
絡みとられて

わたしは恐れる  過去と出会うことを
人生とまた向き合うことに戻ることになる過去を
わたしは恐れる 思い出に居座りつづけながら 
わたしの夢を鎖で縛る夜を
しかし旅人は 遅かれ早かれ 
その歩みをとめるもの
そしてすべてを破壊して忘却は
わたしの古い幻にとどめを刺すのだ
我が心の果報のすべてだったささやかな希望を
ひた隠したまま

無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

上はスペインのマノーロ・オテロ Manolo Otero のパフォーマンス。
輸入盤で盛んに聴きました。

Y aunque no quise el regreso,
siempre se vuelve al primer amor
そして帰りたくないのに
人はいつも初めての恋に戻る
この詩句がとても胸に響いたものでした。遠征の
作曲はガルデル自身ですが、作詞は Alfredo Le Pera。
で、この歌詞の文体、大嫌い。
歌詞の中では名詞がいっぱいで、腹いっぱいな膨満感があります。
名詞だらけの体言止めで、その名詞が結局、どんな意味を持つのかが
はっきりしないんですね(プンプン!)
訳文が重いイメージを与えるのも、これが一因です。
ま、発想の仕方とか、常識とか、ロマンティシズムとか
日本を含めて全世界がそんな時代だったんだろうとは思いますが。
翻訳の拙さのせいばっかりじゃないんですヨォ。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Pedro Almodovar ペドロ・アルモドバール監督 がタイトルもそのままに
映画 Volver を製作しました。
歌っているのはフラメンコ歌手 Estrella Morente  エストレージャ・モレンテ です。

スペインはラ・マンチャが映画の舞台の物語ですが
アルゼンチンと随分、雰囲気が違います。

ガルデルのパフォーマンス。いかにも時代がかって、それはひとつの魅力でしょうが。
現代の感覚からは、大げさな思わせぶりが鼻につかないのでもありません。
ガルデルの歯切れのよい発声で、それも粋な魅力だったのでしょうネ。
ロマンティシズム全盛の19世紀の余波がまだ大きくて
クラシックも、英語のスタンダードとなった曲も、このスペイン語の唄も
とにかく大げさでした。そこをロベルト・カルロスやマノーロ・オテロが
現代風にアレンジさせて復活させてくれたわけです。

ちなみに Volver の発音は、ヴォルヴェールではなく、ボルベール。
英語の V のような軽く下唇を噛むようなヴではありません。
日本人は唇に対して潔癖で、だから箸や茶碗は個人用が基本です。
唇を無意識的にであれ触れるような行為は好まないんですネ。
(華麗なる賭け のページでフィンガーアクションについて触れたように)
ドイツ語の pf なんて、やっぱり野蛮?な感じがします。

ましてや、ギリシャ語の Ψ なんか、プサイ, サイ, プシー と、時代によって
いろいろ発音されるようですが、とてもじゃないけど、日本人がまともに発音できる
口の動きとはなりません。ちゃんと発音しなきゃ殺すと言われたら
ホント、卒倒しちゃうよ。(だから外国人のヘンな日本語を笑わないように
しましょうねぇ^^  自分が英語とか、外国語を話す姿を想像してみましょう!)

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!