パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

洋楽 Lady in red 和訳 クリス・デ・バー 

世界の永遠の名曲、どれだけ知ってる?
名曲探しは、上の白いバーの文字をクリック♪

.。*:.。.★「I love youの日」(8月31日)大賞エピソード募集 ★.。.:*。.
I love youの日 にちなんだ楽しいイベント、感動的なお話などのエピソードを募集します。
金賞(3万円)、銀賞(2万円)、銅賞(1万円、3名)。
創作でなく、実際の出来事を150字以内にまとめて、このサイトの「お問い合わせ」を
使ってご応募ください。入賞作品は当サイトほか弊社の関連ページでご紹介させていただく
ことがあります。ご応募は I love youの日 翌日の9月1日から同15日まで。
投稿の時点では本名は不要です。
発表は10月上旬、トップページ(HOME)と I love youの日 のページで。
#iloveyouの日 #懸賞 #8月31日

アトピーや乾燥肌、水虫など皮膚トラブルで痒(かゆ)い方の
過半数が痒みから解放されます。
ステロイドが効かない方を含めてです。
薬(メディシン)ではなく、ソリューション(解決策)ですが
論より証拠、モノはためしです。無料の「お試し」(郵送)で効果をお確かめください。、
患者の会からの複数でのお試し依頼も歓迎します。
かゆくて眠れない方のヒスイウォーターリポート

塗って乾かして を5回繰り返して痒みがまったく薄れないなら、ヒスイウォーターはむきません。
2~3割はいらっしゃるようです。1日3名限定。
ご希望の方は、ページ右上の「お問い合わせ」に今の状態を簡単に書いて
ご本人がお申し込みください。電話では受け付けていません。

弊社からの宗教や入会の勧誘はありません。電話ほかご購入への勧誘もありません。
(だから検索しても悪いクチコミはないでショ?^^)

玉(ぎょく)である弊社のヒスイのパワーに近いもので、皆様がなじみが深いのは
太陽の光や心臓が発生する電磁波(心電図が取れる理由}、電子レンジでしょう。

熱化学の常識としてはあり得ないことを書いていますが
試してみれば、副作用もなく簡単に体感していただけます。
全国紙の元記者としてのプライドがありますし、
実際にご体験いただけることしか書いていません。
ネット上でもネガティヴな報告はないようです。
ま、医療費の抑制にも貢献できますしネ^^

解決策は医学の常識の中にしかない
と思い込んでしまうのは結局、人類の驕(おご)りでしょう?
医学は人体の不思議をいったいどれほど解明できたでしょうか? 大自然の恵みの
玉である翡翠という解決策のひとつが、すぐそこに転がっているのですが。

この歌のサビで歌われる
Lady in red は、視覚的には赤いドレスを着ているのでしょう。
でも red dress とは書かれていません。
単に衣装のことだけではないようです。
エリュアールの Rouge amoureuse を下の法で引用しますが
赤が表す激情と言えるほどの情熱、受難にまで至りかねない官能と悲劇性。
そうした世界にいる Lady という存在なのではないでしょうか?

そのために、翻訳では、赤いドレスを着たレイディ とはしませんでした。
いったいどうやったら適切な日本語に置き換えられるでしょう?
赤いドレスをまとったレイディ とかじゃ、愚直すぎます。シンプルにして深い表現とは。
あれこれ試して、赤く燃えるレイディ としましたが・・・。
「火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも」なんて弟橘媛命の和歌もイメージが浮かびます。
別のアーティストによる動画や創作秘話、翻訳についてもどうぞ♪

こんなに愛を感じさせる君って 絶対に見たことがない 
今夜の君みたいな
絶対に見たことないよ 
こんなにまぶしく輝いている君は
絶対に見たことがないんだ 君に、踊ろうって
声をかける男たちがこんなにも多いなんて
やつらは探してるんだ ちょっとしたロマンスを
与えられたチャンスは半分ってことさ
見たことは絶対にないな 君が着ているそのドレス
それと 目を惹くヘアの見せ所
わたしは見えていなかったよ

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

赤く燃えるレイディ
わたしと踊っているんだ 頬と頬を重ねて
誰もいたりはしない ここには
ただ君とわたし それが、わたしがいたいと願う場所
だけど わたしはほとんど知ってはいない
この隣にいる美しい人を
わたしは絶対に忘れはしない この夜
君がどんな風に見えたか

こんなにゴージャス(豪華)な君って 絶対に見たことがない 
今夜の君みたいにさ
絶対に見たことないよ 
こんなにまぶしく輝いている君は 目を見張るよ
絶対に見たことがないんだ 君のそばにいたいって願う
男たちがこんなにも多いなんて
君は振り返ってわたしに笑いかける
それで わたしは息をのんだんだ
絶対にしたことがなかったよ こんな感じは 
完全で全き愛の感覚さ 今夜、感じているみたいに

無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

Chris de Burgh クリス・デ・バー が妻の Diane ディアーヌ と言い争い合いをした後
この歌は書き始められました。ですが、まず、タイトルがないというのが難点の第一で。
The Way You Look Tonight というタイトルの大ヒット曲が既にあったから、これは使えないし。
で、5か月後、デ・バーは妻が混み合うナイトクラブを横切ってやって来るのを見ます。そこでタイトルの
アイデアが生まれ、さらにデ・バーがディアーヌを初めて見た時の記憶を重ねて曲がつくられました。
もっとも、彼、フロアをやってくるのがディアーヌとは最初、わからなかったそうです。
(彼は19歳の女性と浮気沙汰を起こしていますが、なんとか家庭生活を続けたようです。)

映画「ワーキング・ガール」でもプロポーズ(結局、失敗ね)前のクラブシーンで使われていましたが
ほかに American Psycho  Dodgeball   Baby Mama といった映画にも使われたそうです。
なんせ25か国でナンバーワンに輝いている名曲・名品ですもんネ^^

翻訳について。
But I hardly know this beauty by my side
この hardly も、難しいところです。
だけど わたしはほとんど知ってはいない
この隣にいる美しい人を と訳しましたが。
どんなに愛していて、どんなにもう完全に知り尽くした
と思っても、それでもまだミステリアスなところを残している女性。
だからこそ永遠の憧れです。
どんなに近しい存在であっても、そんな雰囲気を絶えず漂わせているから
レイディとして崇めることができるんですね。

Utter アター は「完全」に似ている英単語で、
全体的な感覚があるようです。
宗教的というか厳粛さも感じます。ま、平たく言えば
強調の表現と言えるでしょうが。
Utterly にワンダフルだと、10倍もワンダフルのこと
なんて説明もあるほどです。

名ヴォーカリスト、アンディ・ウィリアムスのパフォーマンス。
美しさにうたれる様も、若いときのように激しい切なさではなく。
大人の恋ですねぇ♪

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

フランスのエリュアールの詩に
次のようなフレーズがあります。

Rouge amoureuse
Pour prendre part à ton plaisir
Je me colore de douleur.

詩人の安東次男氏は、確か、記憶によれば
次のように訳していました。名訳です。

恋の色 赤よ
おまえの快楽をわかちあうために
わたしは わたし自身を苦痛で彩る

クリス・デ・バーが、歌の中で
自身を苦痛で彩っている、
というわけではありません。
ひたすら、奥さんに魅了され、賛美しているだけです。

ただ、赤が時にイメージを重ねる情熱とは
詩人が語るように、苦痛の要素さえ含んで
どこか玄妙な部分があるのではないでしょうか? 
そして、だからこそ赤は、祝祭性さえ帯びて、
ひときわ輝きます。
場合によっては厄災をもたらしかねない赤。
妬(ねた)みなどの視線を峻拒(しゅんきょ)し、撥(は)ね返す
強く、高貴な魂にふさわしい 赤 ・・・。

この歌のサビで歌われる
Lady in red は、視覚的には赤いドレスを着ているのでしょう。
でも red dress とは書かれていません。
単に衣装のことだけではないようです。
エリュアールの Rouge amoureuse を引用しましたが
赤が表す激情と言えるほどの情熱、受難にまで至りかねない官能と悲劇性。
そうした世界にいる Lady という存在なのではないでしょうか?

そのために、翻訳では、赤いドレスのレイディ とはしませんでした。
いったいどうやったら適切な日本語に置き換えられるでしょう?
赤の世界のレイディじゃ、愚直すぎます。シンプルにして深い表現とは。
あれこれ試して、赤く燃えるレイディ としましたが・・・。

But I hardly know this beauty by my side
この hardly も、難しいところです。
だけど わたしはほとんど知ってはいない
この隣にいる美しい人を と訳しましたが。
どんなに愛していて、どんなにもう完全に知り尽くした
と思っても、それでもまだミステリアスなところを残している女性。
だからこそ永遠の憧れです。
どんなに近しい存在であっても、そんな雰囲気を絶えず漂わせているから
レイディとして崇めることができるんですね。

Utter アター は「完全」に似ている英単語で、
全体的な感覚があるようです。
宗教的というか厳粛さも感じます。ま、平たく言えば
強調の表現と言えるでしょうか。
Utterly にワンダフルだと、10倍もワンダフルのこと
なんて説明もあるほどです。

グレゴリオ聖歌のスタイルで歌われる
Lady in red  です。

サラ・ブライトマンがプロデュースを依頼した
ドイツのエニグマのメンバー、フランク・ピーターソンの
プロジェクト Gregorian chant です。

厳かな雰囲気とポップスを結びつけるアイデアです。
リベラなんかも影響を受けているのでしょう。
サラ・ブライトマンとフランクは恋人となっていたと
グレゴリアンのライナーノートには書いてありました。

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!