パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

ムスタキ 和訳 僕を待つ君 シャンソン  

世界の永遠の名曲、どれだけ知ってる?
お探し?の名曲を翻訳しているページです。
名曲探しは、上の白いバーの文字をクリック♪

乾燥肌、アトピー、水虫の痒みなど病院を変えても改善しない症状が治った
という報告がある貴重な水、ヒスイウォーターを完全無償プレゼントします。
かゆくて眠れない方の例(クリックしてください)
翡翠マグを購入する義務、購入・宗教への勧誘も一切ありません。
詳しくは左上の HOME で。

ムスタキの動画が復活しました。
急に3つもアップされている。
素敵な歌って、ようやく認められてきましたネ♪
Tu m’attendais ぼくを待つ君 の全訳です。

彼)
君はぼくを待っていた
森のはずれ、海の前、暖炉のそばで
君はぼくを待っていた
テーブルをしつらえて
聞こえるのは海鳴り、木々は震えて

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

太陽光も電子レンジも電磁波。
その仲間のマイクロ波・テラヘルツ波の
常識破りの不思議・・・翡翠マグ & ヒスイウォーター
新しすぎて馴染みがないかもしれませんが
実は中国6000年の叡智(えいち)。
韓国では長年、ペットボトルで流通していて安心です。

ヒスイウォーターの無料プレゼント、下の動画のOKサインテストの詳細は
上の「HOME」か、下の「トップページ」をクリック

トップページ(翡翠マグ・魔法の水)

   
彼女)
あなたは私を探していた
国から国へ
開かれた谷を渡り、季節から季節へ

彼)
君はぼくを待っていた
5月の始まりの日に
冬の最後の日に、一年のすべての日に

間奏  

彼女)
あなたは私を探していた
町から町へ
砂漠の山から、家から家へ

彼)
君はぼくを待っていた
森のはずれ、海の前、暖炉のそばで

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌の世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

Isabelle という女性が歌っています。
Moustaki の動画が削除されているので。

Izabel と Gérard Vermont というデュオによるパフォーマンス。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

シンプル イズ ビューティフル。
そして、本当の優しさとは
むしろ孤独から生まれることが多い
と再確認させてくれるシャンソンです。
Georges Moustaki  ジョルジュ・ムスタキ の
Tu m’attendais です。

収録されているのは、
「17才」「ヒロシマ」が収められている
アルバムです。
ジョルジュ・ムスタキのベストアルバムをつくるとき
いつも無視されてしまうのですが
愛すべき小品ではないでしょうか? 大好きです。

なかなか会えません。
ひょっとしたら、まだ出逢ってさえいないかもしれません。
だから、ある意味、淋しい歌なのですが
二人の気持ちはどこかで、しっかりと結ばれています。
優しい気持ち、求める気持ち、信じる気持ちに溢れています。

Ma solitude 私の孤独 や メティック(異邦人)が有名ですが
有名とか、そんなことに拘らずに耳を傾けていると
つつましやかな、こんなシャンソンが現れてくれました。

どうしようもない自己を抱えてつぶやくムスタキの声が聴きたいから
バルバラとの素敵なパフォーマンスを。
ブルネットの婦人 La Dame Brune です。
遠くに現れる女性らしい人影が、ゆっくり歩いて近づいてくれて
やがてバルバラだとわかります。素敵な演出だな♪

ムスタキって、大阪万博のフランス館の入り口近くで
美術室にあるような白い彫塑が上のほうに展示されていて
そこに当たるライトで、いかにも歌っているように見える
といった趣向がなかったでしょうか?
あの風貌ですから、ほかのアーティストではありえないと
記憶しています。
ま、いまで言うプロジェクションマッピングだったな。

ムスタキはブラジル音楽をよく採り上げています。
メロディで行き詰まり感のあった当時の現状で
まったく新しいコンセプトの、それだけにとてもフレッシュな
音楽を生み出していたMPB(ブラジルポピュラー音楽)や
ボサノヴァの可能性に惹かれたのだと思います。

以前、ご紹介した有名なボサノヴァ曲
「あなたを愛してしまう (Eu sei que vou te amar )」を
フランス語訳したのはムスタキでした。
日本語訳はナナ・カイミの Eu sei que vou te amar のページで。

今回の選曲理由がおわかりでしょうか?
この「僕を待つ君」が
ようやくムスタキのパフォーマンスでアップされたことと
ヴィニシウス・ジ・モライスとの縁ということで
「喜びの奴隷」からつなげる形で紹介いたしました。 

今頃、天国で一緒に音楽を
楽しんでいるのかもしれません。

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!