パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

トニー・ベネット 和訳 The Good Life ゴージャスな歌

隠れシャンソンです。ジャズっぽいメロディとも思えるけど、そこを
ちょっとフランス風に展開して優雅さと豪華さが表現されたのかな。

ステロイドで治らない方にお知らせです。
乾燥肌、アトピー、水虫ほかの皮膚トラブル、風邪ウィルスで嗅覚障害
(新型コロナでの嗅覚障害にも可能性があるかも?)
の方に、
ヒスイウォーターを無料で郵送します。
かゆくて眠れない方のヒスイウォーターリポート
太陽の光と同じ電磁波(テラヘルツ波、マイクロ波)などの不思議な効果です。

ご希望の方は、ページ右上の「お問い合わせ」に今の状態を簡単に書いて
ご本人がお申し込みください。電話では受け付けていません。
上記の症状の方に効果があるかないかは使用して10分~1時間で明確に判明します。
1日5名限定です。お使いの結果を「お問い合わせ」でお知らせいただける方を歓迎します。

The Good Life グッド・ライフです。
アメリカの富豪たちの華麗な、でもゴージャスなのに
アンニュイを帯びた暮らしぶりが垣間見えるようです。

ゴージャスな暮らしにだって哀感は漂うわけで
その意味では、この哀愁のメロディに
お似合いの歌詞かもしれません。
後宮三千人の漢の武帝じゃないけれど
歓楽極まりて哀情多し ですもんネ。

ロッド・マッケンのパリ、シナトラのマイ・ウェイと同様
隠れシャンソンです。つまり、オリジナルはフランスのシャンソンで
Sacha Distel が自作自演した La belle vie  美しい人生。
下の方でディステルやフォーエヴァー・ジェントルメン の動画も♪
では、全訳です。

おお 快適な暮らしだ 
楽しみに満ちて 理想そのもののようにみえる
ムム 素晴らしい人生 隠してもいいのだ
お前が感じる悲しみのすべてを
お前は本当の恋をすることはない
そんなチャンスを捕まえられないのだから
だからどうか 自分自身に正直であってくれ
ロマンスにみせかけるなんて しないがいい

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

     
快適な暮らしじゃないか
自由でいることは そして探求するのだ
心が痛む未知のこととかを 直面する時 
お前がひとりきりで学ばなければいけないものなのだ
どうか覚えていてくれ それでも
お前のことを わたしが気に入っていることを
そして お前がなぜなのか首を傾げるなら
そうだね しっかり目覚めるがいい
素晴らしい人生に別れのキスをするがいい

無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

邦題は「麗しき人生」。
麗しい じゃなくて 麗しき って、ちょっと時代錯誤になってるけど。

映画「」でのパフォーマンス。
Dany Brillant  Damien Sargue  Roch Voisine が
フランス語で歌っています。
まさに、これが La belle vie 美しき人生。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

この曲のオリジナルは、フランスでジャズの普及に
功績のあったムッシュ・ダンディ、サッシャ・ディステルです。
もともとはジャズギタリストですがヴォーカルも味があります。
チェット・アトキンスとおんなじ感じかな。
味わいで聴かせるタイプでしょうか。
にしても素敵な曲ですから、CM曲にだってなるのではないでしょうか?

で、この曲はサッシャ・ディステルが書いた曲を
トニー・ベネットが歌詞をつけて大ヒットさせ
その歌詞をベースにフランス語に翻案し
サッシャ・ディステル自身がフランスでヒットさせました。
ああ、メンドくさ。

景気も上向いてきて
既に一部ではゴージャスな生活をはばかりなく
楽しむ風潮が出てきているようです。
この歌、ピッタリじゃないかしらん?

なぜ、この歌がジャン・フェラの次かというと
このタイトルだからですね。
ジャン・フェラは C’est beau la vie 人生は美しい
こちらの Sacha Distel は  La belle vie  美しい人生。

フランク・シナトラがトニー・ベネットとデュエットして
息の長さで完敗してしまったのをテレビ番組で
みたことがあります。

そのフランキーは、ライフ誌(1965年4月23日号)の記事で
“But for my money Tony Bennett is the best singer in the business.
[He] gets across what the composer had in mind, and probably a little more.”
と最大限の賛辞を捧げています。
自分が一番とは言えないものね。
舎人の主観的評価では、やっぱりシナトラのほうが上です。

Julie London ジュリー・ロンドンの女性的アンニュイもいいんじゃない。

ナンシー・ウィルソンのパフォーマンス。
インティメイトで、クラブで歌っているような雰囲気が楽しめます。

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!