パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

カーペンターズ 和訳 Yesterday Once More シンガリンとは

オールディーズを後で追っかけると・・・こんな曲が生まれるのでしょう。
つまりプロのお仕事で、聴く人を楽しませてくれるのですね。

アトピーや乾燥肌、水虫など皮膚トラブルで痒(かゆ)い方の過半数は
実は痒みから解放されます。
ステロイドが効かない方を含めてです。
かゆくて眠れない方のヒスイウォーターリポート
痒みが消えて副作用がなくてタダなら、文句ないんじゃない?
ウソか本当か15分で結論が出ます。無料体験会で確かめてください。

ヒスイウォーターは15年以上もコーヒーやお茶で飲んでいて安心な水です
なのに不思議な水なのですが、薬(メディシン)ではなく、ソリューション(解決策)の
ひとつです。民間療法に過ぎませんが、論より証拠、モノはためしです。無料の「お試し」
で効果をお確かめください。患者の会からの複数でのお試し依頼も歓迎します。
「お試し」に必要なのは郵送のための情報だけです。1日3人限定。

「お試し」のヒスイウォーターは、玉(ぎょく)の翡翠から離れたとたんに
パワーが急減していきます。ですので弊社からは速達で送ります。到着後、
2.30分で使いきるようにしてください。

塗って乾かして を5回繰り返して痒みがまったく薄れないなら、ヒスイウォーターは
むきません。2~3割はいらっしゃるようです。
ご希望の方は、ページ右上の「お問い合わせ」に今の状態を簡単に書いて
ご本人がお申し込みください。電話では受け付けていません。

弊社からの宗教や入会の勧誘はありません。電話ほかご購入への勧誘もありません。
(だから検索しても悪いクチコミはないでショ?^^)

玉(ぎょく)である弊社のヒスイのパワーに近いもので、皆様がなじみが深いのは
太陽の光や心臓が発生する電磁波(心電図が取れる理由}、電子レンジでしょう。

熱化学の常識としてはあり得ないことを書いていますが
試してみれば、副作用もなく簡単に体感していただけます。
全国紙の元記者としてのプライドがありますし、
実際にご体験いただけることしか書いていません。
ネット上でもネガティヴな報告はないようです。
ま、医療費の抑制にも貢献できますしネ^^

解決策は医学の常識の中にしかない
と思い込んでしまうのは結局、人類の驕(おご)りでしょう?
医学は人体の不思議をいったいどれほど解明できたでしょうか? 大自然の恵み
の玉である翡翠という解決策のひとつが、すぐそこに転がっているのですが。

脱ステロイドの番組放送に対し、学会など関連団体が抗議をするのは当然です。
ステロイドは薬品としてちゃんと社会に貢献しているのですから。ただ、舎人の
嗅覚障害は治してくれなかったから完璧な薬ではないのも現実です(現在は嗅覚を恢復)。
抗議は正当ですが、治療してくれるけど治療結果はさっぱり、お金の無駄遣いばっかり
という不満を抱える患者は、こうした番組の放送内容でも、うなづいてしまうのでは?
患者の苦しみが一丁目一番地。批判とか抗議とかの言葉でなく、結果がすべてじゃない?
ここはまず、副作用がないままで痒みを消し去ったモノが勝ち!でしょう^^

The Carpenters カーペンターズの Yesterday Once More 
イエスタデイ・ワンス・モア を翻訳しています。
カーペンターズの翻訳としては、見つめあう恋、トップ・オヴ・ザ・ワールド
に次いで3曲目(ミスター・ポストマンもありますが)です♪
シンガリンガリンとかシャララについての説明も。

ラジオでよく流れていましたね、いかにも70年代初頭って感じがします。
オールディーズそのものじゃなくて、後にそこに想いを寄せるといった
時代の経過に伴う新しい視点がポイントです。
作詞・作曲に参加したリチャードのコメントを2つめの動画の下に付記しました。
カーペンターズとしては珍しくオリジナルですが、日本では彼らの最大のヒットとなったそうです。
では、日本語訳です。

若かったときのこと
わたし ラジオを聴いてたわ
お気に入りの曲を待っていて
そんな曲たちがかかると
一緒に歌っていって
そんなことが わたしを笑顔にしていたの

あのころが本当に幸せだった時代
そんなに昔のことじゃない
どこへ行ってしまったのか どんなにか不思議だったことか
でも また帰ってきたわ
長く留守をしていた友達みたいに
全部の曲を わたし とても愛してたわ

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

    
すべてのシャラララが
すべてのウォウウォが
いまも輝いている
あの人たちが歌い始める
すべてのシンガリンガリンが
とっても素敵よ

曲たちが
彼が彼女をハートブレイクするところになると
それで わたし本当に泣けちゃう
まさに以前と同じみたい
昨日の日よ もう一度 なの

どんなことだったのか
過ぎ去った何年かを振り返る
そして わたしにあった素敵な時代が
今日 むしろ悲しげに思える
あまりにたくさんのことが変わったわ

あの時 合わせて歌ったのは
恋の歌だった
わたし それぞれの歌詞を
あの懐かしいメロディを 覚えたわ
いまも わたしには素敵に聴こえる
歳月を溶けていかせるみたいに

すべてのシャラララが
すべてのウォウウォが
いまも輝いている
歌い始める
すべてのシンガリンガリンが
とっても素敵よ

最高の思い出のすべてが
ハッキリ わたしの元へ帰ってくる
わたしを泣かせるものだってあるわ
まさに以前と同じみたい

無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

作者は兄のリチャード。「1970年代前半は、オールディーズの人気が復活してて
カレンもぼくもすごく楽しんでいたんだ。それで Now and Then のアルバムで
この復活について書いたら素敵じゃないかって思ったんだ。結果は8枚目のゴールドディスク
になったし、世界的大ヒットの1曲になったよね」

Now and Then のカヴァーに使われた写真の家は、カレンとリチャードが、「遥かなる影」
で得たお金で両親に買った家。5つのベッドルームがあるカリフォルニア州 Downey ダウニー
の郊外にあるこの家を、ファンはこの家を California グレースランド としていますが
この家こそ、別棟で兄弟がレコーディングし、カレンが1983年、摂食障害で倒れ、亡くなった
場所でした。

カレンの拒食症の原因・・・。
ヒップが大きすぎるって思っていたそうです。
そう見えるかもしれないけれど、それが人間だもの。
そう思えずに、じゃあ美しくなろうと完璧を求めてしまう
カレンだったのですが。

シンガリンガリン Shing-A-Ling  
映画「ブルース・ブラザーズ」(ちなみに ブルーズ が本当)の後半、
レイ・チャールズが Shake A Tail Feather で「シンガリンが今夜のだ」と
歌いながらブガルーとかマッシュポテト、ツイスト、モンキーなどとと並べて
シンガリンガリンを挙げています。(次の動画)
そのつど、ダンスが変わりますから、大体どんなダンスだったか想像できます。
60年代にニューヨークで流行したリズムで、ダンス向きの、ラテンフレイヴァーを加味した
ファンクのリズム(ダンス)です。日本で踊られたのは上記のうち Boogaloo ブーガルー がギリギリちょっと。
ブガルーも日本では、ツイストやモンキーダンスのような社会現象には至りませんでした。
マッシュポテトは足の先でじゃがいもをつぶすような仕草からの命名で、音楽は典型的なオールディーズでちょっと
ヒットはしましたが、日本では踊られることはなかったみたい。
いずれも白人、ひいては全世界に通用した黒人文化と言えるでしょう。
ちなみにジャズ・サクソフォンプレーヤーの Lou Donaldson は Mr. Shing-A-Ling というアルバムを
リリースしています。
cing-a-ling として、異性(まれに同性)を誘惑する目的で相手の身体の前後に自分の身体を入れることとあります。
人を笑わせることとも関係があるような記事も英語ではありましたが・・・。

Shake A Tail Feather

シャララ は、ウォウウォウと同じように、ある種の情感を伝える言葉で
直接的な意味はありませんが、ちょっとドリーミーな感じを漂わせます。
下の動画の THE SHIRELLES シュレルズ  Baby It’s You が典型的です。
1961年のリリースで全米(ビルボード)8位。
ちなみに一番好きなのは Smith のカヴァーですが、シャララはなくなってます。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

ここからはカーペンターズのヒット曲集です^^

They Long To Be (Close To You)  遥かなる影
リチャードは最初、あまり気に入らなかったようです。
周囲の説得で録音したら、初のビルボード1位と
彼らの出世作にして、最大のヒット曲となったそうな。

イントロの音とか、トランペットが入るところとか
リチャードのアレンジのセンスが発揮されました。

この2曲あたりが、日本でも全盛だったかな。
当時、絶大な人気があったバート・バカラックの作品で
オリジナルはディオンヌ・ワーウィック。
というか、英語圏では子守唄になっているって言うんだけど!?

We’ve Only Just Begun  愛のプレリュード
元々はアメリカの銀行のCM曲。
ポール・ウィリアムスはこの曲と
Rainy Days and Mondays  雨の日と月曜日は を作詞しています。
お陰で日本の雑誌にも取材され、北海道のビールが最高だ
なんて語っていましたね。
日本がGNP世界第2位へ、さらに Japan as No. 1 と
間もなく持ち上げられるちょい前の良き時代でした。

Rainy Days and Mondays ははじめ、別のアーティストにつくられたけれど
ボツになって、でも、リチャードが気に入ったんだって。
1979年のこの頃、既にカレンの拒食症は始まっていた。
この曲が言ってみれば、最後の輝きとも言えるわけで。
日本のレコード会社はなんとか人柄のいい二人のためにと
奮闘努力の真っ最中で、邦題も「雨の日と月曜日」とせず
「雨の日と月曜日は」と、フックになる表現を心掛けたそうです。

For All We Know 二人の誓い
しおらしいところがあって、
誓いという言葉もうなづけます♪

Superstar  スーパースター
文字通り ロック界のスーパースターとなった
レオン・ラッセルの作品。
日本での最初の手ごたえを感じた曲。

Top Of The World   トップ・オヴ・ザ・ワールド
聴けばわかるんだけど、カントリー畑の曲、
ローズ・ガーデンが日本でも大ヒットなった
Lynn Anderson リン・アンダーソン がオリジナルで
日本でもリリースされました。
でも、カーペンターズの大ヒットのお蔭で、リンの影はないも同然。

日本のレコード会社が、これなら日本人受けする、と満を持して送りだした
軽快で親しみやすいメロディのこの曲。狙い通り、みんなが知る
カーペンターズになりました。
(ところで、Caroebters って、発音のアクセントは Ca にあるんですけど)

カーペンターズを当時、あまり評価しなかった理由は2つあります。
ひとつはサウンドがイージーに聴けすぎて、商業的成功を狙いすぎている
感じがしたから。だれでも聴きやすいって、ヒットはしやすいけれどね。
だから、サウンドが飽きられると、人気は坂道を急に・・・ということに。
ただし玄人筋には大変に評価されていました。
聴きやすさの影で、実は細かいところで色々仕掛けていたからなのでした。

もうひとつの理由は、いい曲ばかり、ほかから集めてきてズルいって
感じがしたから。
特に日本なんか、オリジナルがほかにあってもお構いなし.
ファンだっていう子たちも、カーペンターズがオリジナルと
思って疑いもしない・・・。これっておかしいって
ま、若いなりに正義感を燃やしたってわけで・・・^^

ということで、ここは是非、リン・アンダーソンのパフォーマンスを。

ついでに大好きな Rose Garden も。
以前にも書きましたが
この頃、アメリカでもまだ virginity がそれなりに
留意されていたことがわかる歌詞です。

Sing シング
ね、いかにも聴きやすい。微温的です、
激しいモノ、ほんとうに深くてマニアックな一面があるほどの
ものはなんだか嫌っていう女の子が、いかにも好みそうな向日的な音楽と歌詞。
つまり、ちょっと、というかかなり バカにしていたのね。
適当に聴ける音楽が好きな人間は、適当に生きていくタイプの人間とかね。
ロックやジャズやクラシックなら評価し、恐れ入っていたんだけど。
もてなかったばかりじゃないよ^^:

この曲もよく耳になじんでいます。
I Need To Be In Love   青春の輝き

でも、I Need To Be In Love  だなんて
そんなLOVEは本能が仕掛ける罠じゃないかしらん?
ま、そんなところもいかにも向日的というか
大衆におもねるようで、個人的にカーペンターズは合わなかったわけです。

ところが、この曲はカレンの一番のお気に入りなのだそうです。
実はあまりの人気で、今日はどこにいるだおるかわからなくなるほど
アメリカ各地を公演して周り、その間にレコーディングと多忙に多忙を
重ねていました。
リチャードは睡眠薬に頼るようになるし、カレンは拒食症が進みます。
実は二人とも非常な完ぺき主義者で、たとえばライヴは必ず録音して
レコードの状態で演奏できているか、チェックをかかさなかったと言います。
そうした完璧主義が、二人を追いこんでいったのですね、
そして、この歌には、そんな完璧主義の姿が投影されているわけです。

アマチュアのジャズバンド時代からの仲間が作詞を担当していて
リチャードとカレンの苦しさと、それでもベストを尽くそうとする姿勢を
歌詞に表現したのだそうです。

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!