パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

ララ・ファビアン 和訳 アルビノーニのアダージョ カラオケで歌いたい歌

クラシックの、かなり器楽的な楽曲です。これを歌に仕立てるなると、やっぱり
歌唱力が試されます。その点、ララ・ファビアン、さすがだよね。圧倒されます。
しかし・・・このはげしい歌声に見合う恋愛って、どれ程のものだったのでしょう?^^

ステロイドで治らない方にお知らせです。
乾燥肌、アトピー、水虫ほかの皮膚トラブル、風邪ウィルスで嗅覚障害
(新型コロナでの嗅覚障害にも可能性があるかも?)
の方に、
ヒスイウォーターを無料で郵送します。
かゆくて眠れない方のヒスイウォーターリポート
太陽の光と同じ電磁波(テラヘルツ波、マイクロ波)などの不思議な効果です。

ご希望の方は、ページ右上の「お問い合わせ」に今の状態を簡単に書いて
ご本人がお申し込みください。電話では受け付けていません。
上記の症状の方に効果があるかないかは使用して10分~1時間で明確に判明します。
1日5名限定です。お使いの結果を「お問い合わせ」でお知らせいただける方を歓迎します。

サラ・ブライトマンがアルビノーニのアダージョ を歌った Anytime, Anywhere はこの青字をクリック。 

では全訳です♪

わからない あなたをどこで見つけるのか
わからない あなたにどうたどり着くのか
風の中に あなたの声を聞くわ
わたしの肌の下に 
心と魂の内側に あなたを感じて
あなたを待つのです
アダージョ 緩やかに
 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

あなたがいないこうした夜のすべて
あなたを取り込んでみる、いくつもの夢のすべて
あなたを見て あなたの顔に触れ
あなたの抱擁へと落ち込む
時が満ちたとき わたしにはわかる
あなたは わたしの腕の中にいることでしょう
アダージョ 緩やかに

目を閉じる 道は見つかる
わたしには祈る必要がない
遥か遠くから歩いてきた
とても厳しい戦いをしてきた
これ以上、説明すべきことはない
やり残したことのすべては わかっている
それは 誰かが奏でるピアノ

わたしをどこで見つけるか 
あなたにわかっているなら
わたしにどうたどり着くか
あなたにわかっているなら
この光が薄らいで消える前に
信じる気持ちを使い切ってしまう前に
なってください
わたしの気持ちを聞き
あなたの人生を与え
永遠に去ったりはしないと言う
ただ一人きりの男性に

この光を消えさせないで
それはダメ No No No No No
信じる気持ちを使い切らせてはダメ
なるのです
あなたが確信し わたしに確信させる
行ってしまうことのない
ただ一人きりの男性になってほしいのです
アダージョ 緩やかに
 
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

Pride & Prejudice 映画「高慢と偏見」の動画です。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

イル・ディーヴォ Il Divo はイタリア語で歌っています。

ワロン系ベルギー人の父とイタリア人の母との間に
生まれ、現在の国籍はカナダです。
映画「ドクトル・ジヴァゴ」(原作はノーヴェル賞授賞を辞退させられました)に
感激した両親が、ヒロインの名前をとって Lara と命名されました。
恋多き女性だそうですが、ここぞというときには燃え尽きることも辞さない
といった力強さを、圧倒的迫力のパフォーマンスで聴かせます。
積極性といい、肉食系女子の歌とでも言ったらいいでしょうか?

ララのテーマは映画音楽ということもあり
一時期、イージーリスニングの定番でした。

adagioは速度指定の音楽用語で、緩やかに
という意味です。
つまり、彼女は出会いを待っているいれど
次第に時が満ちるのを待っているのであって
決してあせっているわけではありません。
期待して、じっくりと待つ
ということか、と理解しています。

エンディングに近づくにつれ、圧倒的な迫力です。
素晴らしいバラードとなっていますが
この激しい想いというか主張は
いかにも恋多き女性にふさわしいのかなぁ。
なんか肉食系女子の歌みたいな。

でもオリジナルは、アルビノーニが作曲した「アダージョ」です。
静かな、心を洗うように
透明感のある哀しみにあふれた演奏が多いようです。
ポピュラーのジャンルでも
すでに多くの歌手が取り上げてきましたが
その中でも、ララ・ファビアンのパフォーマンスは
ベストと思えるのですが、いかがでしょう?

耳に馴染んだ名曲でありながら、ララ・ファビアンは
世界的評価の割に日本では余り知られていません。
つまりカラオケで歌ったら、
耳を傾けてもらいやすい曲なのに
一味もふた味も違う選曲となるでしょう。
そして、ララ・ファビアンをお手本に歌ったなら
相当に受けることは間違いなし。
歌唱力をアピールして
カッコイイだろうなぁと想像しますが、いかがでしょう?

誰かが奏でるピアノ は
実は Is the piano that plays という原文です。
文章としては意味を強める倒置形を取っていますね。
誰が弾いているのか主語がないことが問題です。
勝手に想像するのですが
いつか会うだろう、その彼が奏でるピアノなのでは?
彼女は、そのピアノに陶酔できたらいいと
その時の訪れを待ち望んでいるのではないかしらん?

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!