パワーストーンの真実。

舎人独言

健康&グルメに・・・ 翡翠 のパワー。

もう森へなんか行かない 和訳 フランソワーズ・アルディ ドビュッシー

青春の蹉跌をフランスの文学少女が歌うと、まさにこんな感じ?
「わたしの青春が急ぎ足で去って行く あなたの足取りのリズムに合わせて」。
栴檀(せんだん)は双葉より芳しで、アルディが自分の持ち味に、というか、生涯
満たされない想いを歌っていくんだろうな、とアルディ自身が感じていたように思える名曲です。

アトピーや乾燥肌、水虫など皮膚トラブルで痒(かゆ)い方の過半数は
実は痒みから解放されます。
ステロイドが効かない方を含めてです。
痒みが消えて副作用がなくてタダなら、文句はないんじゃない?

ヒスイウォーターは15年以上もコーヒーやお茶で飲んでいて安心な水です
なのに不思議な水なのですが、薬(メディシン)ではなく、ソリューション(解決策)の
ひとつです。民間療法に過ぎませんが、論より証拠、モノはためしです。無料の「お試し」
で効果をお確かめください。患者の会からの複数でのお試し依頼も歓迎します。
かゆくて眠れない方のヒスイウォーターリポート
「お試し」に必要なのは郵送のための情報だけです。1日3人限定。

「お試し」のヒスイウォーターは、玉(ぎょく)の翡翠から離れたとたんに
パワーが急減していきます。ですので弊社からは速達で送ります。到着後、
2.30分で使いきるようにしてください。

塗って乾かして を5回繰り返して痒みがまったく薄れないなら、ヒスイウォーターは
むきません。2~3割はいらっしゃるようです。
ご希望の方は、ページ右上の「お問い合わせ」に今の状態を簡単に書いて
ご本人がお申し込みください。電話では受け付けていません。

弊社からの宗教や入会の勧誘はありません。電話ほかご購入への勧誘もありません。
(だから検索しても悪いクチコミはないでショ?^^)

玉(ぎょく)である弊社のヒスイのパワーに近いもので、皆様がなじみが深いのは
太陽の光や心臓が発生する電磁波(心電図が取れる理由}、電子レンジでしょう。

熱化学の常識としてはあり得ないことを書いていますが
試してみれば、副作用もなく簡単に体感していただけます。
全国紙の元記者としてのプライドがありますし、
実際にご体験いただけることしか書いていません。
ネット上でもネガティヴな報告はないようです。
ま、医療費の抑制にも貢献できますしネ^^

解決策は医学の常識の中にしかない
と思い込んでしまうのは結局、人類の驕(おご)りでしょう?
医学は人体の不思議をいったいどれほど解明できたでしょうか? 大自然の恵み
の玉である翡翠という解決策のひとつが、すぐそこに転がっているのですが。

脱ステロイドの番組放送に対し、学会など関連団体が抗議をするのは当然です。
ステロイドは薬品としてちゃんと社会に貢献しているのですから。ただ、舎人の
嗅覚障害は治してくれなかったから完璧な薬ではないのも現実です(現在は嗅覚を恢復)。
抗議は正当ですが、治療してくれるけど治療結果はさっぱり、お金の無駄遣いばっかり
という不満を抱える患者は、こうした番組の放送内容でも、うなづいてしまうのでは?
患者の苦しみが一丁目一番地。批判とか抗議とかの言葉でなく、結果がすべてじゃない?
ここはまず、副作用がないままで痒みを消し去ったモノが勝ち!でしょう^^

日本のドラマに起用されたフレンチポップスというつながりで
フランソワーズ・アルディの Ma jeunesse fout l’camp です。
この歌を創唱したミシェル・アルノーや作者らのパフォーマンスを紹介します。
Nous n’irons plus au bois もう森へ行かない というフレーズは実は
ルイ15世の公妾(予算措置が受けられる公的地位)パンパドゥール夫人が1753年の
クリスマス、今はエリゼ宮となっている近くの村の子どもたちのために書いた童謡のタイトルです。
(エリゼ宮は元々、夫人のパリ滞在のためにルイ15世が買い与えた邸宅)
疑惑を持たずに無邪気でいられた時代の象徴でしょう。また
この童謡から着想されたドビュッシーのピアノ作品も下の方で紹介しています。

アルディの翻訳もかなりの数になりました。さよならを教えて とか、彼女の誠実で
内省的な魅力が出ている スター とか。10代の初々しいラヴソング あなたの胸に、
しかしまた別の想いもあって、ペソアらと時代を共にする以上、採り上げるしかない、恋愛の
不可能性に触れた Message personnel (告白)などなど・・・。
アルディ以外のアーティストの動画やポンパドゥール夫人の歌詞の翻訳(一部)なども。
では、Ma jeunesse fout l’camp  もう森へなんか行かない の翻訳です。 

わたしの青春は急ぎ足で去る
ひとつの詩を経て
或る韻(ライム)から別の韻へ
それは垂らしている 腕をだらりと 
わたしの青春は急ぎ足で去る
涸れ果てた泉へと
そして枝編み細工の刈り手が
わたしの二十歳(はたち)を取りいれる

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

わたしたち もう森へ行かない
詩人の歌
安っぽいルフラン
へたれな詩句たち
夢見て歌っていたのよ
祭りで会った男の子たちのこと
わたし その名前さえ憶えていない
わたし その名前さえ憶えてはいない

わたしたち もう森へ行かない
スミレを探しになんて
雨が降る、今日 わたしたちの足跡を消して
子供たちはそれでも 頭を歌でいっぱいにしている
でも わたしはそれを知らない
でも わたしが知ることはない

わたしの青春は急ぎ足で去る
ギターの調べに乗り
わたしのところから逃げていく
物も言わず 嘆きの足取りで
わたしの青春は急ぎ足で去る
つなぎとめるものを打ち壊し
その髪に
わたしの二十歳という花々を飾って

わたしたち もう森へ行かない
秋がもうやって来ている
わたしは 春を待とう
花で憂いを癒しながら
それはもう帰ってくることはない
そしてたとえわたしの心が震えても
それは 夜の帳(とばり)が降りてくるから
それは 夜の帳が降りてくるから

わたしたち もう森へ行かない
わたしたち もう一緒に出かけたりはしない
わたしの青春が急ぎ足で去って行く
あなたの足取りのリズムに合わせて
だけどもし あなたが知っているなら
それがどんなにあなたに似ていることか
でも あなたはそれを知らない
でも あなたが知ることはない

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

Ma jeunesse fout l’camp  の fout l’camp は
ブラッサンスも Auprès de mon arbre で使っていますが
置いて行く 急いで立ち去る 損なう 悪化する 消える といった意味です。

敢えて1か所、意訳しました。
語源まで遡れば、それもアリというわけで。
日本語で表現した途端、白黒ついてしまうけれど
そでもないファジーな部分だってあります。

Nous n’irons plus au bois わたしたち もう森へ行かない とは、
有名な童謡のタイトルです。ルイ15世の公妾(国家予算を受給できる地位)
ポンパドゥール夫人が、グレゴリオ聖歌のメロディに歌詞をつけたと言われます。
童謡を下敷きにするのは、バルバラとムスタキの
「ブルネットの婦人」と同じ構造ですね。
ドビュッシーがこの童謡から作曲したピアノ曲は一番下の動画です。
歌詞は一番下にコピペしておきます。(ちょっとだけ翻訳しておきます)

現在のエリゼ宮はまだ田舎の村で、ここにも邸宅を与えられた夫人が
近所の子供たちを集めて自作のこの童謡を歌わせていただなんて
想像するだけでも楽しいですね。(オリジナル詞と一部翻訳は下の方で)

本来は楽しい童謡ですが、ここで、そのタイトルを引用したのですから
或る意味、「わたしたち もう森へ行かない」とカッコの中に入れたほうが
引用の意味がはっきりするかもしれません。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック。

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック。

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

韓国 OST 名曲集 はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

創唱した Michèle Arnaud ミシェル・アルノーは
ウィキペディアによると、大学で哲学を学んでいますから、アルディの先輩ですネ^^
レオ・フェレの L’Île Saint-Louis サン=ルイ島 を歌って1952年にデビュー。
57年にはツアーで、セルジュ・ゲンズブールをギタリスト。ピアニストに起用しています。
ゲンズブールが誰も歌わないけれど数曲を書き溜めていることを発見し、
初めて歌っています。

Jean-Claude Pascal   ジャン=クロード・パスカル

作者である  Guy Bontempelli   ギイ・ボンタンペッリ
さすがに味わいがあります。

ポンパドゥール夫人の作と言われる歌詞です。
実際には、長年にわたって磨かれてきたようです。
最初の連を訳してみましょう、

もう森へなんか行かないよお 月桂樹の木々は伐られちゃった
素敵なことってここにもあるじゃん みんな踊ろうよ
踊りの輪におはいんなさい みんなが踊るのをご覧なさい
飛び跳ねなさい 踊りなさい 好きな人をハグするんだよお

Nous n’irons plus aux bois, les lauriers sont coupés
La belle que voilà, la laisserons-nous danser
Entrez dans la danse, voyez comme on danse
Sautez, dansez, embrassez qui vous voudrez

La belle que voilà, la laisserons-nous danser
Mais les lauriers du bois, les laisserons-nous faner
Mais les lauriers du bois, les laisserons-nous faner
Non, chacune à son tour ira les ramasser
Entrez dans la danse, voyez comme on danse
Sautez, dansez, embrassez qui vous voudrez

Non, chacune à son tour ira les ramasser
Si la cigale y dort, ne faut pas la blesser
Si la cigale y dort, ne faut pas la blesser
Le chant du rossignol la viendra réveiller
Entrez dans la danse, voyez comme on danse
Sautez, dansez, embrassez qui vous voudrez

Le chant du rossignol la viendra réveiller
Et aussi la fauvette avec son doux gosier
Et aussi la fauvette avec son doux gosier
Et Jeanne la bergère avec son blanc panier
Entrez dans la danse, voyez comme on danse
Sautez, dansez, embrassez qui vous voudrez

Et Jeanne la bergère avec son blanc panier
Allant cueillir la fraise et la fleur d’églantier
Allant cueillir la fraise et la fleur d’églantier
Cigale, ma cigale, allons, il faut chanter
Cigale, ma cigale, allons, il faut chanter
Car les lauriers du bois sont déjà repoussés

DEBUSSY- Images oubliées 忘れられた映像 第3曲
Quelques aspects de “Nous n’irons plus au bois
嫌な天気だから「もう森へは行かない」の諸相
Quelques aspects de “Nous n’irons plus au bois” parce qu’il fait
un temps insupportable 

同じモチーフの 雨の庭(「版画」第3

  • 翡翠マグ(両手)はこちらから
  • 翡翠マグ(右手)はこちらから
TOP
error: Content is protected !!