ゲンズブール シャルロット 和訳 レモン・インセスト 解読 ショパン

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
3つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

今回、採り上げるのはセルジュ・ゲンズブールの問題作「レモン・インセスト」。
ですが、ちゃんと翻訳して解読してみると・・・。

翻訳を読む前に。
歌詞の3行目にフランスの素朴派の画家、ルソーの絵が登場します。
Henri Rousseau アンリ・ルソーは日曜画家で、その職業から
Le Douanier Rousseau 税関ルソー と呼ばれました。
ゲンズブールは歌の冒頭で  nierdoi sseaurou ニエルドワ・ソール と
税関ルソーの「税関」douanier を dou と anier に二分割したうえで前後を逆に、
また ルソー Rousseau を sseaurou と逆転させて表記することで、なにかを伝えたいのです。
つまり、これは逆さまの世界ですよ、まともじゃないんです。普通に読んだらダメ
よく承知しておいてね、というメッセージなのでは? 

ここを見逃すと、インセストという言葉に反感ばかりが募って
非難か、スルーってことになっちゃう。それこそ炎上ものです^^
だから、ちゃんと聴いて正しく理解してくれ、と言っているんでしょうね。
インセスト に見せかけて、同じくらいに熱い、しかし実は別物の、
正常な親子の愛情を描いた歌の世界というわけです。
(2015年11月10日現在、税関ルソー nierdoi sseaurou の解読を上記の
ように試みた例は、ネット上ではほかにないようです。
またライナーノーツでも指摘されていなかったと記憶します)

またルソーが 素朴派 Naïve と言われることから、この言葉を
歌詞に取り込んで、この父と娘のインセストに見えるほどの濃い関係は
実は素朴な感情なのだと言い放ちます。
合いの手の Papapappa は、もちろん、パパ を念頭に置いての言葉。
ダダダとかママママじゃなくて、パパパパでないとダメ。
やっぱりゲンズブールらしい仕掛けですね♪
インセストがダメなら、バルバラ の NANTES ナント のほうがずっとヤバい。

またショパンのエチュードも、日本では 別れの曲 ですが、フランスでは
ちょっと意味合いが違います。(4つ目の動画の下で)


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
  翡翠マグは現在、日本国内では販売しておりません。
ウィスキーやブランデー、白酒、ワインもまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の
一端を実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
11月4日(土)、11日(土)、12日(日)、23日(木)、
12月3日(日)、17日(日)、25日(月)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
 
 
シャルロット)
シトロンのインセスト (父と娘のレモンの相姦)
愛してる 愛してる 愛してる なによりもよ (パパ パパ)

セルジュ)
素朴なことはアンリ・ルソーの絵のように
お前のキスはとても甘い

シャルロット)
シトロンのインセスト (父と娘のレモンの相姦)
ジュテーム(愛してる) ジュテーム ジュテーム なによりもよ(パパ パパ)

シャルロット)
愛 わたしたちが決して共にしないもの
それは最もレアで 最も気に障り 最も純粋にして最も興奮させる
セルジュ)
見事なる草案 美味なる児 わが肉でありわが血
おお わたしのbb(bébé べべ=ベイビー) わたしの魂

シャルロット)
シトロンのインセスト (父と娘のレモンの相姦)
ジュテーム ジュテーム ジュテーム なによりもよ (パパ パパ)

セルジュ)
素朴なことはアンリ・ルソーの絵のように
お前のキスはとても甘い

シャルロット)
シトロンのインセスト (父と娘のレモンの相姦)
ジュテーム ジュテーム ジュテーム なによりもよ(パパ パパ)

シャルロット)
愛 わたしたちが決して共にしないもの
最もレアで 最も気に障り 最も純粋にして最も興奮させるもの
セルジュ)
見事なる草案 美味なる児 わが肉でありわが血
おお わたしのbb わたしの魂

シャルロット)
シトロンのインセスト (父と娘のレモンの相姦)
ジュテーム ジュテーム ジュテーム なによりもよ (パパ パパ)

セルジュ)
素朴なことはアンリ・ルソーの絵のように
お前のキスはとても甘い

シャルロット)
シトロンのインセスト (父と娘のレモンの相姦)
ジュテーム ジュテーム ジュテーム なによりもよ(パパ パパ)

シャルロット)
愛 わたしたちが決して共にしないもの
それは最もレアで 最も気に障り 最も純粋にして最も興奮させる
セルジュ)
見事なる草案 美味なる児 わが肉でありわが血
おお わたしのbb(べべ=ベイビー) わたしの魂

シャルロット)
シトロンのインセスト (父と娘のレモンの相姦)
ジュテーム ジュテーム ジュテーム なによりもよ (パパ パパ)
セルジュ)

シャルロットが歌った名作 L’un part, l’autre reste はここをクリック

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

 
しかも下敷きにしているのがショパンのエチュード(練習曲) 作品10-3です。
日本ではもちろん、「別れの曲」という名前で知られます。でも
ウィキぺディアに、こうあります。
西欧においては「Tristesse」(悲しみ)の愛称で知られるが、ときにフランス語圏で
「L’intimité」(親密、内密)、英語圏で「Farewell」「L’Adieu」(別れ、別離)

ゲンズブールがこの曲を元にしたのは第一に、シャルロットとの関係は
親密と同時に内密なことであり、大人になって、いつかは自分から離れていく
そんな我が子との別れを思ってのことかもしれません。

セルジュ・ゲンズブールは一般的なイメージと異なり
実は小心者だったろうと思います。それに
娘を嫁に出したくない気持ちは、男親なら
ある程度、わかるでしょ?
このシャンソンは、それと根っこが同じでしょう。
ちゃんと?^^翻訳すれば、頭から忌避するような
そんなに酷い歌詞ではないように思うのです。既に
日本語訳を添えて紹介済みですが、シナトラ父娘の
Something stupid 恋のひとこと だって、世間は、まぁ
喜んで受け入れているのですから、ゲンズブール父娘だって、ね?

それに Lemon Incest のレモンって
刺激的でピリッとするけれど、見方次第では
爽やかさだってありますよね^^
小池真理子が同名のミステリーを書いていますが
この歌のタイトルを援用しているのかな?
レモンをつければ、何でも爽やかになるわけじゃないんだけどね。

それと lemon un zeste とちょっと濁音化して セ が ゼ になると
レモンの熱意・欲求・妙味・味わい・風趣となります。
Incest はフランス風に読めば、アンセストだからね。
ゲンズブールならではの言葉遣いで
レモンの味わいについて歌ってるだけだゼ、ってことにもなりそうな。

あっと、bbって小文字で べべ を表現したけれど
もし大文字で BB とやったら、同じ べべ でも
ブリジッド・バルドーのことになっちゃう。元恋人だし
失礼にもなるから、ちゃんと区別したんですね。
常識人の一面もあるわけです^^

んまあ、インセストですって!? 不道徳でしょ!!!
インセストと言った途端、ネット社会では
炎上してしまうのでしょう。その言葉が独り歩きして、
全体の中で、どういう意味合いで使われたかなんて、
聴く耳を持ってもらえない。まるで言葉狩り、魔女狩りです。

でも、シャルロットもちゃんと歌っているじゃないですか1
L’amour que nous ne ferons jamais ensemble
愛 わたしたちが決して共にしないもの って。
表層的なことに騙されず、ちゃんと読み、聴くことができる人が
もっと大勢になればいいと思います、
ヒステリックな対応する人に、たしかにこのシャンソンは無縁です。
残念なことですね。

美しいバラード名曲集はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

メロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

シャルロットはちゃんと独り立ちして、素敵なアーティストになっていますね。
Charlotte Gainsbourg & Calexico  で ボブ・ディランを採り上げました。
Just like a woman

フレンチ・ポップスらしい旋律美はこちらで。ミシェル・ベルジェの作品。
L´un part et l´autre reste 1人は旅立ち もう1人は残った

こちらは本当に正真正銘の問題作でしょう。よくわかりませんが。
ビートとは、ダブルミーニングでしょうね。
音楽のビートと続けて殴りつけることと。

Love on the beat  ラヴ・オン・ザ・ビート

女性の気持ちを(ある程度までの若い女性は、女の子の気持ち
がピッタリくるかも)わかってよ
というのは男性にとっては、女性からのリクエストであると同時に
圧力でもあります。男性の器量次第で、簡単に処理できたり
ストレスであったりするでしょう。
で、そのリクエストの成果なのでしょう。恋愛というか。おつきあいは
次第にソフィスティケイトされていきます。
それはいいのですが・・・。
それが世代を超えて堆積し。お国柄の恋愛の一面となると
ゲンズブールがこの歌で描いた状況も突然、出現するのかな?

もうね。とっても細やかになって、そこまで繊細じゃないのが男ですから
わけわかんなくなっちゃう。わけわかんなくなっちゃうと
性的な関係も次第に活力を失って行っちゃうんですよ。
ところが、女性はそこがわかんないんでしょう。その時は
ちゃんと男らしく振舞ってよ、とまたリクエスト・・・。
多分。男性にとっては方向性が正反対で違う矛盾のような要請。
で、突然のちゃぶ台返し。
そうすると、こんなシャンソンみたいなことになるのかな。

細かいことはもういい。ソフィスティケートなんて、くそ食らえだ。
単純に強者と弱者でいい。
男が強者であったり、まれには女性が強者であったりもするのでしょう。
そうやって強者が弱者の権利を奪い、一方的に支配する。
また弱者も。意識してか心ひそかにかはともかく(または本当は
わかってるくせに、体面上、わたしが望むんじゃないという形を取ったり)
その支配を望んだりする。ブランショを読んで
強者と弱者という人間関係のくくり方があると知ったんだけど
そうやってゲームとしてのSMが成立するのかな?

個人的には、このように強圧的に、一方的に支配するなんて
とてもできません。小心者で気が弱いからなぁ。まぁ想像するだけです。
ある程度まで調教するというコンセプトは共有できるんですけどね。
だって女性からのリクエストだって調教の一種ですから。これは普通でしょう。
やっぱり恋愛は難しい。
その点、人間関係を肉体に還元しきってしまうのも、時にはいい
って感じる方たちもいるんでしょうなぁ。

しかし、ラブ・オン・ザ・ビート とはねぇ。
よく思いつくナァ。