両手マグのイメージ

The tall girl watches the tissue-thin vapours twirling upwards from the mug of tea,
illuminated by the sunlight, she can see each drop of moisture,
lighter than air, spiralling together like a flock of birds turning into the sun,
like a tiny waterfall reversed, a playful moment, she feels as though if she put her hand in the way it would tickle
she says mm oh I feel better now.
If Nobody Speaks of Remarkable things by Jon Mcgregor
あんなに日常慣れ親しんだマグなのに、まいはその細部をうまく再現できなかった。 「できますよ。コツはね、朝、目覚める寸前の、あの夢と現実の境の感じをしっかり 自分のものにするんです。これから毎朝、その瞬間を意識して捉えてごらんなさい。 そして、自分で見ようと決めたものを見ることができるように訓練するんです。 (略)」
「西の魔女が死んだ」梨木香歩著
両手マグのイメージ2

「けさがた来たときは」狄判事が答える。「うっかり失念していたが、上等の翡翠も欲しい。腕輪一対か、長いかんざし一本などないかな」
(中略)
判事が盆の装身具を物色し、梅枝をかたどった時代ものの白玉腕輪一対を選んだ。それを取りのけ、値段を尋ねる。
ディー判事シリーズ「紫雲の怪」
R. V. ヒューリック著 和爾桃子訳

Le vrai nom du bonheur,c'est le contentement.
マグとカップとマグカップ

翡翠マグ、それは・・・。パワーストーンの1つの究極。