Love Is A Many Splendored Thing 和訳 慕情 Till 名盤

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

Love Is A Many Splendored Thing 慕情 と
Till 愛の誓い を日本語訳し
その名盤を紹介しています。
まず 慕情 のテーマ曲の翻訳です。
これまでも紹介してきた ヴォーグズ で、どうぞ。

恋とは いっぱいに輝いたもの
それは四月のバラ 
ただ早春にこそ育つもの
恋とは 生きていることの理由を
自然に与えてくれるのです
ひとりの男を王にもする黄金の冠なのです


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
ウィスキーやブランデー、白酒もまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の一端を
実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
9月3日(日)、10日(日)、16日(土)、24日(日)、
10月9日(月)、14日(土)、15日(日)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
 
     
一度です 高い風の丘の上でした
朝の霧に包まれ
二人の恋人はキスをし
そして世界は立ち止まったのです 静かに
その時 君の指先が
わたしの物言わぬハートに触れ
愛をどのように歌うかを教えたのです
そうです 真実なのです
恋とは いっぱいに輝いているものなのです

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌の世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

こちらもお気に入りのレイ・コニフシンガーズで。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Splendored は名詞の動詞化ですね。
イギリスの詩人、フランシス・トンプソン Francis Thompson
(16 December 1859 – 13 November 1907) の詩
神の王国  The Kingdom of God (最下部で全文を掲載)の中の
‘Tis ye, ‘tis your estrangèd faces,
That miss the many-splendored thing. から
A many-splendored thing というタイトルが生まれました。
(相変わらず拙訳ですが・・・
そは汝 そは汝が疎遠の顔色なり 輝きしあまたなものを損なうは)

音楽面では、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」で最も有名なアリア
「ある晴れた日」からアイデアを得たと言われます。
冒頭、高い調子で歌い出し、次第に優しく収まっていく情緒の流れ
など、納得です。

ウィキペディアほかによると
ハン・スーイン 韓素音(1916年9月12日 – 2012年11月2日)は
ペンネームで、本名は Elizabeth Comber 中国名は周光瑚。
客家出身の中国人技術者の父とベルギー貴族出身の母との間に生まれています。
自伝小説「多くの輝きをもつもの」は「慕情」というタイトルで
角川出版から刊行されています。

ハン・スーイン

神の愛が、恋愛の愛に置き換えられちゃったけど
普通の恋愛なんかじゃないと。手垢のついた表現は
避けたかったということでしょうか。
Love Is A Many Splendored Thing を
恋とは いっぱいに輝いたもの と訳したのは
2015年6月7日現在、ネット上ではほかにないようです。

once を、かつて~だった とだけ訳したのでは
ちょっと違う気がします。むしろ
一度~があった のニュアンスが7割ほどでどうでしょうか?
それで、 一度です と訳してみましたが。
やっぱり、ほかの方の翻訳例では見つからないようです。

映画の内容はなんとも他愛ないもので、観ていて腹が立ったというか・・・。
女医と新聞記者とだったら、もう少し知的な会話だってあるじゃないか
なんて思いました。でもね・・・
今みれば、そのありきたりの中に
ある種のいとおしさを見るかもしれません。
結局、普通になっちゃう。普通であることのほうがいい。
いい映画も、いい本も、あまり早い生意気盛りの時期に
経験してみるのは考え物かも、です。

シナトラも、アンディ・ウィリアムズも
ナット・キング・コールも、オリジナルのフォー・エイセスも
現代の感覚とズレ始めている気がします。
映画の世界の当時は、フルにロマンティっクなのが
よかったのでしょうけど。
その点、ヴォーグズなどは高音で切なさをにじませつつ
全体は爽やかな、晴れやかな讃歌となっていて
充分以上に通用するのではないでしょうか?

ま、レターメンだって悪くはありません。

なんかね、慕情 と、次の 愛の誓い って
同じように綺麗で、高らかに、
表情豊かに歌いあげるメロディって
100年後には、どんな風に受け止められるのだろう?って
つい、想像してしまいます。
時代遅れのメロディとして。ちょっと馬鹿にされながら
その時代色を愛されるのでしょうか?
それとも、人間の基本的な感情を高らかに表した
変わらないロマンティックなメロディとして
新しい装いを凝らされながら愛され続けるのでしょうか?
こういう素直で健康的な想いって、いつまでも永続してほしいですよね?
ストーカーとか、なりそうにない健全さがあるじゃない!

Till は日本では 愛の誓い と訳されることが慣例のようです。
英語と日本語で文法の構造が全然違うから
今回のような翻訳は、意味は難しいくないけれど
日本語への移し変えが難しいという典型になってしまいます。

オリジナルはフレンチポップスで Lucien Lupi が1956年に歌った
Prière Sans Espoir です。
パーシー・フェイスオーケストラによって魅力的なメロディが
世界的に知られるようになり、トム・ジョーンズやシャーリー・バッシー
ほか多くのアーティストに取り上げられるようになりました。

ですが
ここでもやはり、ヴォーグズの動画で。
高らかなことに、サビから歌いだしています。

君とはわたしが生きる理由
持っているもののすべてを
わたしは与えるでしょう
君を わたしを好きにさせる 
まさにそのことのために

月が空を見捨てる その時まで 
すべての海が干上がる その時まで 
わたしはあなたを崇めるでしょう まさにその時まで 

熱帯の太陽が冷たくなる その時まで 
この若い世界が年老いる その時まで 
愛しい人よ わたしは君を大好きでいるでしょう

君とはわたしが生きる理由
持っているもののすべてを
わたしは与えるでしょう
君を わたしを好きにさせる 
まさにそのことのために

川が上流へと流れる その時まで 
恋人たちが夢見ることを止める その時まで 
わたしが君のものとなるまさにその時までに
君がわたしのものでありますように

 

ソニャ Till 愛の誓い  この太字をクリック  

韓国ミュージカル界などで活躍する ソニャ 소냐 が
音楽対決番組 不朽の名曲 パティ・キム編で
披露した素敵なパフォーマンス。
埋め込み禁止なので、ここで動画は紹介できません。
上の太字をクリックして Youtube へ飛んでお楽しみください。

と思ったら中国の方がアップしていました。今のうちです。

手話も交えて、愛 というものを考えさせもしました。
韓国語でのタイトルも 愛の誓い 사랑의 맹세 ですね。 

トム・ジョーンズも世界的ヒットにつなげました。
代表曲 Love me tonight よりもいいんじゃないでしょうか?

レターメンの、この上へ上へとハーモニーを合わせるアレンジが
とても素敵だと思います。

ライヴならではのシャーリー・バッシーのパフォーマンス。
音の状態が残念ですが、それでも一聴の価値があります。
最後の be mine なんか、背中がゾクッとします。

ここからは The Vogues の名曲集といきましょう^^

Moments to Remember

高校時代なのかな、輝いた青春を過ごして
その時をちょっと思い出している。
その時の彼女とは今もいっしょ♪
羨ましいな。

I’ll Know My Love (By the Way She Talks)

お聴きのとおり、グリーンスリーヴズのメロディーに
歌詞をのせたものですね。
ちょっと甘酸っぱい感じ。いいです♪

Turn around, Look At Me

ヴォーグズの出世作という気がします。
邦題は ふりかえった恋。日本ではむしろ
ビー・ジーズの歌という認識かもしれません。

You Are My Special Angel

オードリー・へぷバーンがこの愛らしい小品に似合うのかは
ともかく。

この曲が日本でもシングルレコードで発売されて
ヴォーグズを知ったのでした。
でもジャケットのグループ名は ボーグズ。
国語審議会がまだ ヴ を認めていないときのことだからね。
彼女だけを見つめて。自分のことを傷つけず、素直に思えたら・・・。
こんな風に屈託なく人を好きになれたら、どれほど幸せか。

Earth Angel

ヴォーグズで一番に好きなのが、この曲です。
動画が随分増えてきました。
いかにも青春といった健やかでヒロイックな想い方で
それが支持を広げているのかな?

So This Is Love

この小品も素晴らしいな。いかにも小品らしいけれど
その分、細やかです。

You’re The One

認めます。こちらが本当の出世作ではあります。
でも、個人的には 振り返った恋 なんだモン^^

Oh Dona などオールディーズの名曲をメドレーにした曲の
動画がなくなっているのは残念。

フランシス・トンプソンの The Kingdom of God 全文です。

O WORLD invisible, we view thee,
O world intangible, we touch thee,
O world unknowable, we know thee,
Inapprehensible, we clutch thee!

Does the fish soar to find the ocean,
The eagle plunge to find the air–
That we ask of the stars in motion
If they have rumor of thee there?

Not where the wheeling systems darken,
And our benumbed conceiving soars!–
The drift of pinions, would we hearken,
Beats at our own clay-shuttered doors.

The angels keep their ancient places–
Turn but a stone and start a wing!
‘Tis ye, ‘tis your estrangèd faces,
That miss the many-splendored thing.

But (when so sad thou canst not sadder)
Cry–and upon thy so sore loss
Shall shine the traffic of Jacob’s ladder
Pitched betwixt Heaven and Charing Cross.

Yea, in the night, my Soul, my daughter,
Cry–clinging to Heaven by the hems;
And lo, Christ walking on the water,
Not of Genesareth, but Thames!