Immigrant song 和訳 Led Zeppelin 移民の歌

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

前のページがロッカバラードの名品「わたしを悲しくさせる人たち」でしたから
受けて立つは、いよいよハードロックの雄、レッド・ツェッペリンです^^
「移民の歌」です。中世のヴァイキングの世界で、overlords なんて普段は
見かけない単語も登場しますから、翻訳を古風にまとめてみました。
ロバート・プラントの歴史好きも困ったもので。
いえ、舎人も悪ノリして楽しんじゃったけどサ^^
アーアーアーアー! が生まれたきっかけとか、
天国への階段、胸いっぱいの愛を の動画も。

Ah-AH-aaaaaaaaaaaaaaaaaaa AH!
(アーアーアーアー! アーアーアーアー!)
我ら 来たりしは氷と雪の地なり
熱き泉湧き出づる白夜の地なり


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
ウィスキーやブランデー、白酒もまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の一端を
実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
9月3日(日)、10日(日)、16日(土)、24日(日)、
10月9日(月)、14日(土)、15日(日)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
 
 
神々の鉄槌(てっつい)たるべし 新しき地へと我らが竜頭船を運び行くは
群れなす敵と戦い 歌い 叫ばんがため
ヴァルハラぞ 我が赴(おもむく)く先は

猛(たけ)て常にあらん 海を打ちつけるオールと共に
我ら ただ一つ向かうは西なる陸地ならん

アーアーアーアー! アーアーアーアー!
我ら 来たりしは氷と雪の地なり
熱き泉湧き出づる白夜の地なり

汝(なんじ)が緑の野のなんと柔(にこ)やかなるか
血糊(ちのり)の物語を囁(ささや)くを得ん
我ら いかに闘いの潮(うしお)を鎮(しず)めしかを
我ら 汝らの荒ぶる支配者なり 

猛て常にあらん 海を打ちつけるオールと共に
我ら ただ一つ向かうは西なる陸地ならん

ゆえに今や収めてあれ 汝ら すべての廃墟を再び建ててあれ
なんとなれば平和と責務は戦いに勝利するゆえなり
蓋(けだ)し 汝ら 諸々(もろもろ)敗れ去りてあれど

ウーウーウーウー ウーウーウーウー
Ooh. Ooh. Ooh. Ooh. Ooh
Ooh. Ah.
Ooh. Ooh. Ooh. Ooh. Ooh.
Ooh. Ooh. Ooh. Ooh.

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。


 

レッド・ツェッペリンは1970年にアイスランドのレイキャビクでツアーを行いました。
「小さな王国(アイスランドはすでに共和国になっていたが)の要塞で過ごした静かな夜で
城壁から太陽が現れてくるる暁を見たんだ。夜の衛兵の仕事(公演のことか? 要塞や城壁
といった雰囲気からの発想で夜衛といった発想が出てくるのかも)が打ち上げということで
あくびをしながらサ。静かな北大西洋の朝だったよ。ボクたちは霧が始めにオ-ルの近づく
音で切り裂かれるのを聞いたんだ。背筋が凍るってやつで、接近する戦闘船から聞こえる
戦いの叫びだけがあんな感じサ。こんな風に聞こえたんだ Ah-AH-aaaaaaaaaaaaaaaaaaa AH!」
つまり、霧を切り裂く不気味なオールの音だったんだ!

ヴァルハラは、北欧神話の主神、オーディンの宮殿で、戦いで殺害された戦士の中でも
英雄の魂が赴く場所。移民の歌では、わたしは勇者だ、英雄だ。死を恐れたりはしない。
戦功をあげ、名をとどろかせたいという勇気の現れです。
ヴァイキング船のすべてが龍頭船ではないようですが、そこはまぁ、雰囲気で^^

ヴァイキングがもたらした武による秩序の回復を歌っています。
overlords は lord を over しているわけです。つまり領主、君主、首長を超える
存在ということで大君主、大君なんて訳語があります。
大君 って tycoon と、文字通り タイクーン と発音されます。
巨頭、大立者、実力者といった意味ですが、この言葉は日本語の大君が語源。
ときには非情な荒事を辞さない凶暴さを秘めたイメージですが
もともとは徳川将軍家のこと。幕府が徳川家を説明する際、大君と呼んだのでしょう。
権威ある大君というコンセプトが、ペリー来航以来の交流の中でアメリカ英語に
入っていったのですね。

win the day の意味は 戦いに勝つ。

しかし当時、ロックファンで一番に威張っていたのがツェッペリンのファン。
なんであんなに鼻息が荒いのか? 一番にカッコいいロックはツェッペリンと
固く信じていた人たちが肩で風を切っていたもんなぁ。
こっちはラヴィン・スプーンフルといった草食系?で、ロックに血沸き肉躍らせても
穏やかなもんです。聖少年、今頃どうしてるかな? 
確かにロバート・プラントRobert Plant のハイトーンがセクシーでカッコいいし、
親分ジミー・ペイジ Jimmy Page には文句なく泣く子も黙るわ、破壊的な力強さの
ドラムス、ジョン・ボーナム John Bonham もこれぞロックだったけど。
あんまり売れると、つい背を向けたくなる悪い癖なんだけど、どこかでコッソリという
感じでツェッペリンを聴きこんでいました^^

カナダ東部のニューファンドランド島で、コロンブス以前にアメリカ大陸に達したことを示す
ヴァイキングのグループの定住跡が発見されて、さぁ大変。
コロンブスが新大陸発見 って言えなくなっちゃった。だから
コロンブスがアメリカ大陸に到達 と、文字通り、歴史は塗り替えられました。
確かに、その後に何をもたらしたか、こそ歴史的事実と呼ぶにふさわしいのです。
当時はグリーンランドも今より暖かかったらしいけれど、西暦1000年ごろとも推定
されるランス・オ・メドーは、ヴァイキングの海外への勇躍ぶりを物語りますね。
もちろんイギリスやフランス、その子孫はノルマン・ココンクェストとしてイギリスを
制服しています。また。そしてシチリア島でも突然、王朝を建てちゃった。
ヨーロッパ中で暴れまくった歴史のほうが、確かに世界史としては華やかなのだけれど。
なんせ、あのフリードリッヒ2世にまでつながっているもの!
(クリムゾン・キングのモデルでしょう!)

しかしアイスランドからじゃ、どこへ移民に行ったものやら。
第一、こういうのは移民とは言わないよね。侵略だもん。
略奪が目的だったけど、帰らずに居ついちゃったという移民?
ま、アイスランドへのお返しだけど、スカンジナヴィアから出発した・・・
となると、どの時代かによるけれど、それこそフランスやイギリスやシチリア
も大いにあり得そうです。ということで、移民の歌というより、
イミグラント・ソングとして認識していました。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

メロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Stairway To Heaven 天国への階段
イントロがいかにもトロいと、ハードロック信奉者のコアなファンは
ハラハラでしたが、さすがに盛り上がります^^

Whole Lotta Love 胸いっぱいの愛を
日本でも大ヒットでしたが、これ、邦題がヒットしたという感がありまして。