I BELIEVE I CAN FLY 和訳 R. KELLY ゴスペル

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

もうやっていけない そう思っていた
人生とはひどい歌にほかならないと
だけど今 ボクにはわかる まことの愛の意味が
ボクは寄りかかっているのだ 永遠の御腕に

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
本当? インチキ?
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
それがわかるなら それなら ボクにはできる
ただ信じるのなら 匹敵するものはほかにはない

ボクは信じる 空は飛べることを
ボクは信じる 空は触れられることを
思いを重ねる あらゆる夜 あらゆる昼に
翼を広げ 飛び立っていくんだ
信じる 空の高みに昇れることを
見える 
あの開かれた門を通って ボクが駆けていくのが
信じる 空は飛べることを
信じる 空は飛べるのだ
ボクは信じる 空は飛べるのだ

わかっている 
崩れ落ちゆく崖にいたのだ
時に沈黙はとても大きく鳴り響く
人生には成し遂げるべき奇跡がある
だがわかっている 
まず それは自分の内側で始まることを おお
それがわかるなら それなら ボクにはなることができる
ただ信じるのなら 匹敵するものはほかにはない

ボクは信じる 空は飛べることを
ボクは信じる 空は触れられることを
思いを重ねる あらゆる夜 あらゆる昼に
翼を広げ 飛び立っていくんだ
信じる 空の高みに昇れることを
見える 
あの開かれた門を通って ボクが駆けていくのが
信じる 空は飛べることを
信じる 空は飛べるのだ
ボクは信じる 空は飛べるのだ

どうだい なぜなら
ボクはボク自身を信じるから おお

それがわかるなら それなら ボクにはできる
ただ信じるのなら 匹敵するものはほかにはない

ボクは信じる 空は飛べることを
ボクは信じる 空は触れられることを
思いを重ねる あらゆる夜 あらゆる昼に
翼を広げ 飛び立っていくんだ
信じる 空の高みに昇れることを
見える 
あの開かれた門を通って ボクが駆けていくのが
信じる 空は飛べることを
信じる 空は飛べるのだ
ボクは信じる 空は飛べるのだ

どうだい ただ翼を広げたなら
ボクは飛ぶことができる
ボクは飛べるんだ
飛べるんだ どうだい

ただ翼を広げるなら
ボクは飛べる 
ボクは飛べる

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌の世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

R. KELLY の I BELIEVE I CAN FLY の全訳です。
1996年、マイケル・ジョーダンが主演する映画
Space Jam(スペース・ジャム)にこの曲を提供しています。

ソング・オヴ・ジ・イヤーやグラミー賞と
ヒットも栄誉も獲得したゴスペルの名作です。

最後に R. KELLY がマイケル・ジャクソンに贈った名曲
You are not alone を。
ラヴソングに仕立てられていますが、本当は信仰の歌でしょう。
歌詞では 神と私 が、対話しているのではないでしょうか?
神から おまえはひとりではない と告げられる感動が感じられます。
和訳は、マイケル・ジャクソン 舎人独言 のページで。