All of me 和訳 スタンダード ジャズ 名曲

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

ウィリー・ネルソン(2つ目の動画)つながりでジャズのスタンダード
オール・オヴ・ミー ですが、もっとお薦めは
ご機嫌なショウガール、テレサ・ブリューワー Teresa Brewer のパフォーマンス。
傑作 I Dig Big Band Singers はメドレー全体で37分58秒 ですが、
All of meは JIMMY DORSEY ジミー・ドーシーメドレーの最後を飾って
24分13秒から。 (収録曲の情報は一番下に入れて置きます)
ほかにジョアン・ジルベルトらのカヴァーも。

ぼくのすべて
どうして取ろうとしないの ぼくのすべてを
君にはわからないの?
いいことが全然ないよ 君なしじゃ


  
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
取っていってよ ぼくの唇を
なくなったらいいんだ
取っていってよ 両腕を
もう絶対 使いやしないんだ

君のグッバイは ぼくに残したんだ
泣き腫らした両目を
どうしたらやっていけるんだ
ぼくは君なしで

君って 部分的に取ったんだ
かつてはぼくのハートだったものを
だから どうしてダメなの
取っていってよ ぼくのすべてを

ぼくのすべて
どうして取ろうとしないの ぼくのすべてを
君にはわからないの?
いいことが全然ないよ 君なしじゃ

取っていってよ ぼくの唇を
なくなったらいいんだ
取っていってよ 両腕を
もう絶対 使いやしないんだ

君って 部分的に取ったんだ
かつてはぼくのハートだったものを
だから どうしてダメなの
取っていってよ ぼくのすべてを

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

I Dig Big Band Singers は、最後に singers と複数形になっているのがミソ
ですが、 ビッグ・バンド(専属)シンガーっての、やっちゃうわよ くらいの意味?
つまり、グレン・ミラー、ベニー・グッドマン、ジミー・ドーシー、トミー・ドーシー
さらにデューク・エリントンら人気ビッグ・バンドのヒット曲を、
専属ジャズシンガーになったつもりで歌い倒そう、というアルバムコンセプトです。

紐育的流行歌時代 というのが、このアルバムが、レコードで国内発売されたときの
タイトルです。紐育とは、ニューヨーク のことですね。CDは再発されず、輸入盤で。  

dig については、次のページで、ネ^^
なにしろ digging the dancing queen って頑張ってるもの♪

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

メロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Disse Alguém  誰かが言った
João Gilberto ジョアン・ジルベルトのアルバムですが、 Caetano Veloso
カエターノ・ヴェローゾ と Gilberto Gil ジルベルト・ジル も参加しています。
既に紹介ずみの ブラジルの水彩画 と同じアルバム、同じ趣向です♪

「辛い別れ You needed me」が日本でもヒットした
カナダのアン・マレー ANNE MURRAY です。

やっぱ、Frank Sinatra シナトラはスタンダードだ!

ルイ・アームストロング Louis Armstrong は自分のスタンダードを持っていた!

テレサにとっては Ella Fitzgerald エラ・フィッツジェラルド がひとつのスタンダードだった!?

テレサ・ブリューワーが好きになったのはこの曲 The Tip Of My Fingers から。
だからてっきりカントリー系の歌手と思ったら、なんとまぁジャズに限らず、
なんでも歌っちゃう、歌えちゃうって芸達者ぶり。
ホント、ショウビズのミズ・エンターテイナーって活躍です♪

テレサ・ブリューワーのアルバム「 I Dig Big Band Singers」の曲順です。

TRACKS: A1. CLASSIC MEDLEY :
A-Tisket A-Tasket / Oh, Johnny, Oh / Got A Date With An Angel / Boo-Hoo / I’m Looking Over A Four Leaf Clover;
A2. GLENN MILLER MEDLEY: Chattanooga Choo-Choo / Juke Box Saturday Night / Pennsylvania 6-5000 / (I’ve Got A Gal in) Kalamazoo / Elmer’s Tune / Don’t Sit Under The Apple Tree;
A3. BENNY GOODMAN MEDLEY: And The Angels Sing / Why Don’t You Do Right? / Goody Goody / Goodnight My Love / Gotta Be This Or That / Loch Lomond;
B1. JIMMY DORSEY MEDLEY: Tangerine / Amapola / Besame Mucho / Green Eyes / All Of Me: B2. CLASSIC MEDLEY : I’ve Heard That Song Before / In A Shanty In Old Shanty Town / Daddy / Ragtime Cowboy Joe / ‘Tain’t What You Do / I’m Beginning To See The Light; &
B3. TOMMY DORSEY MEDLEY: On The Sunny Side Of The Street / Oh! Look At Me Now / Chicago / Yes, Indeed / Let’s Get Away From It All / ‘Deed I Do / Marie.

I Dig Big Band Singers! Big Band Arranged And Conducted by Glenn Osser! Personnel includes Phil Bodner / Babe Clarke / Harvey Estrin / George Berg (reeds), Jimmy Sedlar / Jimmy Maxwell / Marky Markowitz / John Frosk (trumpets), Warren Covington / Urbie Green / Paul Faulise (trombones), Derek Smith (piano), Bucky Pizzarelli (guitar), Jule Ruggiero (bass), Ray Mantilla / Buddy Williams (percussion) and Grady Tate (drums). 1983 Doctor Jazz Release!