新村へ行けない 和訳 ポストメン キム・ジヌ

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の不思議が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

포스트맨  Postmen ポストメン がオリジナルの 신촌을 못가
新村(シンチョン)へ行けない を翻訳しているページです。
韓国の若い世代の息遣いが聞こえてくるような歌詞ですね。
歌詞に出てくるポジャンマチャは漢字で書けば「布張馬車」。
幌馬車のことで、つまり屋台のこと。
最初の動画は競演番組「覆面歌王」での ソウル充満 チェッキラ
のパフォーマンスです。
では翻訳です。

新村に行けない 一度も行けない
ひょっとして 君と出くわすかもしれない
君を見たら 涙があふれ出るかもしれない
友人たちが 一杯やろうって またせっついて
呼び出しても ぼくは行かない
いいや 死んでも行けやしない

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次。クリックできます)はこちら。

今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
本当? インチキ?
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

よく行っていた好みの
交差点の屋台(ポジャンマチャ)が恋しい
君がとても恋しい
真っ赤になったその顔で
ぼくを好きだといった
その場所へ ぼくはどうしたら
行けるんだ

今日 その街が恋しくて 泣きに泣くんだ(涙に暮れる)
まだとても会いたいみたいだ
君もどこかで ぼくのように 泣きに泣くのか
そんな君に出くわすのだろうか 新村に行けやしない
 
間奏

今日 その街が恋しくて 泣きに泣くんだ
まだとても会いたいみたいだ
君もどこかで ぼくのように 泣きに泣くのか 
そんな君に出くわすのだろうか 新村へ おおお 

ぼくたち二人きりだったけど 幸せだったじゃないか
1日中 汗ばんだ二人の手 
熱かったくちづけも
すべて そこあるじゃないか 
息づいているじゃないか

今日 その街が恋しくて 泣きに泣くんだ
まだとても会いたいみたいだ
君もどこかで ぼくのように 泣きに泣くのか 
そんな君に出くわすのだろうか 新村に行けやしない

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

覆面歌王 に、ソウル充満 チェッキラ として登場した人物・・・。
友人でありながら悪人の友人を公平に判断する正義の判事役を勤めた俳優 
キム・ジヌ 김진우 が、その正体でした。
元々、歌手になりたくて、5年ほど練習生生活を送ったのだそうです。
デビューの話もあったけれど、結局、家庭の事情で諦めたそうです。
だからミュージカルもお手の物なんですね。
キム。ジヌは歌詞を省略するなどいじっています。
ハッキリ言って、オリジナルよりいいかな^^

余計なお世話だけど、チェキラだなんて簡単に使うと安っぽく見えます。
check it out と チェキラ。 i(t o)ut の t+o が la をつくるのですが
日本語の ラ とでは、口の中の上部にくっつく舌の位置が違います。それがわかっていると
日本語のチェキラのラで終わるよリ、新しく発生したla の後に u(+無声のt)をつける、
英語としての音のほうがよっぽど自然で楽だとわかります。
ついでに言えば、日本語の チェ と英語の che も、舌がくっつく上あごの位置が違います。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

メロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。