女性ジャズシンガー ナンシー・ウィルソン 和訳 How glad I am ツンデレ  

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

わたしの恋には始まりがない 
わたしの恋には果てしがない 
表も裏もなく、折れ曲がりもしない 
わたし、その最中(さなか)にいるのよ 
自分というものが失われて 
きりきり舞いだわ あなたに恋してね 
なのに、あなたったら、わからないの、わからないのよ 
わかっていないわ、わかっていないのよ 
わたしがどんなに嬉しいかってこと 


  
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
ウィスキーやブランデー、白酒もまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の一端を
実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
9月3日(日)、10日(日)、16日(土)、24日(日)、
10月9日(月)、14日(土)、15日(日)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
  
    
わたしの恋に奈落の底はない
わたしの恋に有頂天はない
上昇することはないし、落ち込むこともない
そのさなかなのよ、それで
やめるだなんて、できないわ、あなたに恋すること
なのに、あなたったら、わからないの、わからないのよ
わかっていないわ、わかっていないのよ
わたしがどんなに嬉しいかってこと

詩人だったらなぁって思うの
そしたら、わたしがね、そうよ
わたしが言いたいこと、うまく言い表せるのに
画家だったらなぁって思うわ
そしたら、わたしがどんな風に感じているか
そうよ、今日のわたしの気持ちを
絵にすることができるのに

わたしの恋にはどちらにも仕切りがない
それで恋はどんどん広がっていくわ
わたし、そのさなかにいるの、それで
隠していられないわ、あなたに恋してるって
なのに、あなたったら、わからないの、わからないのよ
わかっていないわ、わかっていないのよ
わたしがどんなに嬉しいかってこと

なのに、あなたったら、わからないの、わからないのよ
わかっていないわ、わかっていないのよ
わたしがどんなに嬉しいかってこと

どんなに嬉しいかってこと
どんなに嬉しいかってこと
どんなに嬉しいかってこと

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌の世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

愛しているのに     by Nancy Wilson

美しいバラード名曲集はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。
 

軒先からしたたり落ちる雨のしずくのメロディ・・・
なんてことを、つい連想してしまうのが
ナンシー・ウィルソンの「愛しているのに」です。
オリジナルタイトルは、(You don’t know) How glad I am.
印象的なピアノの音が、そんな雨だれのイメージです。
で、紹介するなら、やっぱり梅雨の時期だよね
と思っていました。

歌の巧さは、ちょっと聴けば、もうアリアリと。
ところが、その歌の巧さより
女性としての可愛らしさが際立つのが、この歌での
ナンシー・ウィルソンのお手柄です。

肩で風を切っているようにも、しなやかに
優雅に仕事を仕切っているようにも見える実はキレ者の彼女。
でも、二人きりになれば、こんなに上手に甘えてきます。
十分に大人なのに、こんなにも初々しくて、かわいくて。
女性の香気を華やかに振りまきます。
素敵なツンデレぶりですね。まさに才色兼備。
こういう女性が本当に聡明ということなのかな?
おしゃれと実力を、うまくコーディネートできるのも
人間力なのでしょうね。

ジャズ歌手としては、この曲で紹介されるのは
ナンシー・ウィルソンとしても不本意でしょう。
本格的と自認するジャズファンなら
この歌には見向きもしないでしょうが・・・。
でも、敢えてわかりやすいポップスへと寄り添ったから
本物のジャズシンガーが持つ抜群のテクニックを、
素敵な恋を見つけた、素直な女心にちゃ~んと
融けこませることができたのではないかしらん?
だからこそ、ジャズという、ひとつの壁を乗り越えて
普通の音楽ファンにもアピールできる歌に仕上がったのでしょう。
それはデビュー作だから、
当然の営業戦略でもあったことでしょう、

あ、このアルバムでは、
もう1曲、大好きなナンバーがありました。
Never less than yesterday です。
もう、タイトルからして、かわいいじゃない?
こんな風に接してくれたら
男なんて、いいなりです。
北風よりも太陽。
素敵な男の操縦術として、お薦めです。
youtube から動画が消えていたけれど
復活しました^^

翻訳は、 glad eye  が
色目を使うといったニュアンスがあるので
その glad の感じを上手く訳したかったのだけれど。
How glad I am の訳・・・
「わたしがどんなに気持ちが弾んでいるか」だって
アリじゃないかな?
ちょうど、ピアノの音のように弾んで。

ツンデレということで、ブラジルの素敵な歌を。
なんせ、キスされても顔の表情を変えないように
戦うって、歌っていますが・・・。
ナンシーとは随分、違う ファファ・ジ・ベレン です^^

でも、最後は雰囲気のあるヴォーカルでしめましょうね。
日本語訳は、アン・バートンのページで。