Nella fantasia 和訳 ネッラ・ファンタジア ミッション ガブリエルのオーボエ

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

夢想の中に わたしは見ます あるべき世界を
そこでは すべての人が心穏やかに 偽りなく暮らすのです
わたしは夢を見ます 
流れ行く雲のように 常に自由な人々を
魂の深みに於いて 人間らしさにあふれて


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
ウィスキーやブランデー、白酒もまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の一端を
実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
9月3日(日)、10日(日)、16日(土)、24日(日)、
10月9日(月)、14日(土)、15日(日)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
 
  
夢想の中に わたしは見ます 輝かしい世界を
そこでは さらに夜が暗闇(くらやみ)を減じるのです
わたしは夢を見ます
流れ行く雲のように 常に自由な人々を
 
夢想の中に 風が存在します
都会へ吹き込むのです 友人のように温かく
わたしは夢を見ます 
流れ行く雲のように 常に自由な人々を
魂の深みに於いて 人間らしさにあふれて

サラが歌うカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲はここをクリック

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌の世界を可能な限り正確に理解するための行為です。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

歌詞が意味しているのは、
「イマジン」のエンニオ・モリコーネ版かな?
Nella fantasia とは、英語にすれば
In the fantasy です。
幻想の世界では、でしょうか。

舎人がお勧めするのは、
サマー Summer というイギリスのソプラノによるパフォーマンスです。
アレンジが素晴らしい、というのが一番の理由なのですが
サマーも、ちょっと生硬だけれど
素直に歌って清清しいものがあります。
音量をあげると、より魅力がおわかりいただけるでしょうか。

サマーがデビューしたこのアルバムは
ポップスやクラシックの名曲を集めていますが
リヒャルト・シュトラウスの「朝」が
わかりやすいくせに、官能性も強く香っていて
素晴らしい出来でした。

サマーが歌う ベートーヴェンの「月光ソナタ」。
MAL Dİ LUNA (Piano Sonata No. 14)

もっとも、エンニオ・モリコーネは、
この歌詞には責任も功績もありません。
インストゥルメンタルの、演奏曲だったこの楽曲に
歌詞をつけて歌に仕立てた最大の功労者は
Con te partiro で世界的に有名になった
イギリスのソプラノ、サラ・ブライトマンです。

たくさんの歌手、声楽家らがこのメロディにはまりました。
歌詞をつけて歌わせてほしいとエンニオ・モリコーネに
依頼しましたが、全部、断られていたそうです、
サラ・ブライトマンも格調を壊さない歌詞をつけるからと
懇願して、数年がかりでとうとう
エンニオ・モリコーネの首を縦に振らせませした。
本来なら、サラ・ブライトマンで紹介するわけですが
音楽としては、サマーのほうが好ましく感じられるので・・・。

サラ・ブライトマンなら、一番下の動画で紹介している
カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲はいかがでしょうか?
ネッラ・ファンタジアがお好きなら、きっと
気に入っていただけるかと信じます。

ネッラ・ファンタジアとしては、サラ・ブライトマンのほか
柔らかな雰囲気のキャスリーン・ジェンキンスほか
素晴らしいパフォーマンスがいっぱいです。

ところで・・・。

この洗練されたメロディのオリジナルタイトルは
「ガブリエルのオーボエ」です、
映画「Mission」のテーマ曲です。
上の動画は
南米のインディオを魅了し、インディオらがヨーロッパ人を
受け入れる感動的であるべきシーンなのでしょう。

でも受け入れることが、天然痘やはしかに対する免疫を持たない
インディオらを全滅に近い形で追い込んでいくとは
インディオら自身、知る由もない危険な選択だったのは歴史的事実です。
すっかり人口がなくなってしまった土地では働き手などいません。
インディオの代わりにユニュウされたのがアフリカの人達です。

16世紀初頭、メキシコの人口は推定で約2500万人(地球全体の
人口は約4億人)でしたが、1600年には100万人と激減しています。
なんと25分の1。1521年のコルテスの征服の結果がもたらした災禍です。
1543年にはボリビアで「負の世界遺産」ポトシ銀山が発見されました。
採掘のために数百万人が犠牲になったと言われます。
ヨーロッパに旅行して目にする華やかで優雅な金銀の装飾は
こうした犠牲の上に成り立ったわけです。

黒人奴隷の輸出入の始まりは1510年、スペイン国王フェルディナンドが
50人のアフリカ人奴隷をイスパニョーラ島(現在のハイチとドミニカの国)
へ輸出することを許可したのが始まりのようです。
1523年からの27年間で南北アメリカへ輸出された黒人奴隷は
約4万人と推定されています。(奴隷狩りをして繁栄した同じ
アフリカ人による王国もあったのですが)
1518年、新大陸のスペイン人総督は「現地人(インディオ)と比較して
ニグロ(黒人)は当地の労働には最適だと考えます。現地人は脆弱で軽作業
にしか使えないため、ニグロの輸入を推奨いたします」とリポートしています。

批判はありました。
あるフランシスコ会の修道士は「あれほどの非道が行われた理由は何だったのか
と尋ねられたら、わたしは『強欲』と答えるだろう」と、金持ちになりたい
という経済的利益に狂奔する人々を批判しています。
(ですが、その構造は今も変わりませんね、お金のために
、仕方がなかったと言いながら、いろんなものを犠牲にして・・・)
フランスのモンテーニュは、ブラジルのインディオらと話す機会を得て
有名な エセー の中でこう書きました。
「われわれは、われわれ自身との比較においてではなく、理性の法則にしたがい
これらの人々を実際に野蛮人と呼ぶことはできるのであるが、しかし、
野蛮さにおいては、われわれの方があらゆる点で彼らに勝っているのである」

もちろん、大勢に影響などありません。
お金、お金、お金ですから。(今とおんなじね)
大西洋を横になるスペースのない状態で人間を運び
衛生状態への配慮もないため、運搬中の生存率は高くありません。
そんな奴隷商人が改心して、この歌詞をつくりましたが・・・。
(翻訳は アメイジング・グレイス 舎人独言 のページで)

ちなみに北米では当然、東海岸ですが、チャールストンが奴隷貿易の
拠点港となりました。約300万人が綿花、米、たばこのプランテーション
農業のために輸入されたといいます。
価格は赤ちゃんが100ドル、20歳が900ドルで最高値、50歳は
100ドル、60歳は50ドルだったそうです。
南北戦争では開戦の第一発を、チャールストン沖合の砦の島の大砲が
ぶっぱなして、まさに南軍の旗頭を務めました。
ダンスのチャールストンは実はニューヨークで生まれたのですが
アメリカで初めて劇場が誕生するなど華やかなチャールストンをイメージ
して名付けられたそうです。町の実権は富をなした奴隷商人が握り
まさに彼らの華やかな繁栄は黒人たちの苦難に支えられていました。

キリスト教の布教は、支配と搾取を受けるインディオへの
なんともなことに、褒美という位置づけでした。
ヨーロッパ側からの Mission という観点ではOKでも、
インディオら自身の幸せという観点から考えると
音楽には国境も民族もないよね、と
呑気に感動をしてもいられなかったわけです。
もちろん、音楽は映画の中で描かれる
象徴的な存在に過ぎないのですが。

こうした大航海時代、ヨーロッパ人は、南米の人たちを想像して
絵を描いています。なんと頭がありません。
顔は胸にあります。男は、ですが。
女性の場合、顔の位置は男と同じとされていたのでしょうか?
いずれにせよ、情報不足から勝手に
想像を膨らませたのでしょう。
そして、そんな勝手な想像を許すくらいに
人権への意識と言うのも愚か、同じ人としてみていないから、
インディオへの搾取が英雄行為となる土壌となったのではないでしょうか?

ご存知でしょうか?
当時の船乗りにとって
日本の女性は憧れでした。
(性的ハラスメントをするつもりは毛頭ありません。
その類の記述に反発される方は
この段落は読まずに飛ばしてください。)
日本女性も、彼らの身勝手な憧れのせいで
実は被害を受けていると言えるでしょう。それは
女性器の位置が横になっている
というものです。
エキゾチックだと思ったのかもしれませんが
実際に日本女性と接すれば真実は明らか。
船乗り仲間や帰国して、そんなことはない、と言えばすむのに
なぜか、これも今と同じで、真実は広がりません。

その癖、南米からヨーロッパにもたらされた梅毒は
ヨーロッパ人の種子島到着よりも前に
日本に伝わっていたといいます。
人間よりも病気のほうが早いわけで
これだから性というヤツは人間にとって安心できません。
もっとも、松の廊下の異変を国許の赤穂へ伝える早駕籠を
沿道の人が「あれが赤穂の急使だ」と見物した
なんて話も聞いたことがあります。
噂は人間の足よりも速いのは、納得できる気がしますが。

ともかく、これってネットマナーと似ていませんか?
真実であろうと、嘘っぱちであろうと
面白ければ、人の注目を集めるなら
人は情報通であることを自慢げに
むしろ告げて回ったりするようです。
日本女性は普通の人類と思いますが
他者について根拠なく、噂があるくらいの根拠で
あれこれ言う風潮は、まったくもって残念なことです。

サラ・ブライトマンによる歌を期待された方には、申し訳ありませんでした。
アルバム「神々のシンフォニー」にあわせて制作された
ビデオクリップは削除されていますが
カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲に歌詞をつけた
アッテーザ(アテッサ) Attesa をご紹介します。
日本語訳は、サラ・ブライトマンのページで。