ナナ・ムスクーリ 和訳 Over and over Even now ウェディング

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

ナナ・ムスクーリをつづけましょう^^
ウェディングにピッタリな ナナ・ムスクーリ Nana Mouskouri の 
Over and Over オーバー・アンド・オーバー と
一途に想いつづける Even Now  今となっても を翻訳しています。
また Over and Over の元歌も紹介しています。


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
  翡翠マグは現在、日本国内では販売しておりません。
ウィスキーやブランデー、白酒、ワインもまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の
一端を実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
11月4日(土)、11日(土)、12日(日)、23日(木)、
12月3日(日)、17日(日)、25日(月)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
 
  
わたし 月に手を届かせるだなんて したことがない
わたし そんなにも早く 天国を知るだなんて思ったことがない
わたし 見込みがなかった どんな気持ちかを言うなんて
わたしの心にある喜び どんな言葉も表せないの

今では思い出にすぎないわ わたしが流した涙
今では思い出でしかないわ わたしがついたため息
わたしが大切にしていた夢 そのすべてがかなったの
わたしの明日のすべて あなたに差し上げましょう

繰り返し 繰り返し あなたの名前をささやく
何度も 何度も またにあなたにキスをする
わたしが あなたの瞳に見るのは 愛の光
愛は永遠ね 別れはもうありはしない

人生の盛りの夏の木の葉は 金色に変わるかもしれない
わたしたちが分かち合う愛は 決して老いたりはしないでしょう
ここ あなたの腕の中で 言葉はもう遠いものではありません
じじ あなたの腕の中に わたしはとどまることでしょう

繰り返し 繰り返し あなたの名前をささやく
何度も 何度も またにあなたにキスをする
わたしが あなたの瞳に見るのは 愛の光
愛は永遠ね 別れはもうありはしない

繰り返し 繰り返し あなたの名前をささやく
何度も 何度も またにあなたにキスをする
わたしが あなたの瞳に見るのは 愛の光
愛は永遠ね 別れはもうありはしない

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

オーバー・アンド・オーバー(リリースされたと当時、ヴァという表記
はまた正式に使用できませんでした)は、リリースされたシングルの
ヴァージョンが見つからないようです。記憶違いかもしれませんが。
音源は3つあるということかなぁ。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

オリジナルの トゥン・バラライカ Tum Balalaika tun балалайка
弾けよ バラライカ です。
ロシアのユダヤ人に伝わる民謡ですが
いかにもイディッシュな雰囲気です。
舎人独言ではすでに 屋根の上のヴァイオリン弾き を紹介していますが
テヴィエたちも歌ったのでしょうね。

さて、次は  Even Now です。
ちょっと古風なバラードといったイメージがゆかしくて、大好きです。
こちらでは、彼と離れているわけですが
一途な想いという点では同じですね。
花咲く夏ばかりじゃない。厳しい冬を揺らぐことなく過ごすことが
一途ということの大切な資格でしょう。

空にかかる月が穏やかです
高みから時間をかけて這い進んでいます
そしてわたしは 眠ることも難しく
目覚めたまま横たわっているのです
とても寂しく
ただ あなたの愛を求めて

今となってさえ 毎夜 わたしは思い出すのです
枝々で花が咲き誇っていた夏の日々を
冷たく灰色の12月の日々にあって
愛しい人 今となっても
わたしは あなたを 寂しく想っているのです

いつなら また あなたに会うのでしょう?
おいでください あなたがいるべきわたしの両腕へ
その時まで わたしの世界は空っぽなのです
なぜなら あなたは わたしの歌にとって
その言葉なのです

今となってさえ 毎夜 わたしは思い出すのです
枝々で花が咲き誇っていた夏の日々を
冷たく灰色の12月の日々にあって
愛しい人 今となっても
わたしは あなたを 寂しく想っているのです