ダイアモンドの歌 カルティエ CM曲 和訳 a Girl’s Best Friend モンロー キッドマン

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の  不思議  が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

Diamonds Are a Girl’s Best Friend の翻訳のページです。

フランス人ったら 愛のために喜んで死ぬの 
あの人たち 嬉々としてるわ 決闘に臨んで
でも わたしは生きている男のほうが好き
それも 高い宝石を与えてくれる男の人
手にキスって まったくヨーロッパ風ってとこね
でも ダイアモンドは女子のベストフレンドなの

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
本当? インチキ?
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
キスってすごい
でも払えるわけじゃない
つつましいアパートの家賃をね それとも
自販機レストランでのお勘定の助けとか

男たちは冷たくなるものよ
女が年をとるにつれ
そうやって みんな
魅力を失っていくの おしまいには

でも スクエアカット
じゃないとしたら ペアーシェイプト
こんな石は形を失うことはない
ダイアモンドは女子のベストフレンドよ
      (どちらもダイアモンドのカットの形状。
       スクエアカットは正方形、ペアーシェイプトは洋梨の形)

ティファニー!
カルティエ!
ブラック・スター!
フロスト・ゴーラム!
聞かせて ハリー・ウィンストンのこと
聞かせて そのすべてを!

そんな時が来るかも
若い娘が弁護士を必要とするような
だけど ダイアモンドは女子のベストフレンドよ

そんな時が来るかも
こわもての雇い主が思うの
あなたのことを すこぶるつきのナイスって
でも例のアイス(ダイアモンド)を準備することね
じゃなきゃ ダイス(サイコロ)は振れないわ

あの人があなたの男
株が高値のときよね
でも気をつけなさい 落ち目になり始めたら

そしたらってことなの あのゲジゲジたちが
配偶者の許(もと)に帰っていくわ
ダイアモンドは女子のベストフレンドよ

耳にしてきたわ 情事のこと
厳密にはプラトニックでしょ
だけど ダイアモンドは女子のベストフレンドだわ

それで思うんだけど
フリーメーソン風に秘密を
洩らしちゃいけない情事って 割のいい賭けね
小物のお気に入りが大きなバゲットのダイアを手にしたらってこと
      (バゲットのダイアは、カットと研磨でフランスパンの
       バゲットの形にしたダイアモンドのこと。)

時間は転がりつづける
そして 若さは過ぎ去る
腰が曲がったら まっすぐな姿勢なんてできるものじゃない

だけど 背筋スッキリ
膝はシャッキリよ
背筋が伸びるものなの ティファニーでは 

ダイアモンドね! ダイアモンドよ!
模造ダイアじゃないわ
そんなんじゃないの
ダイアモンドっていうのは女子のベストフレンドなの

keep Masonic をフりーメーソン風に秘密を洩らさない と訳した例と
baguette をバゲットの形のダイアモンドと翻訳した例は
2015年12月12日現在、ネット上ではほかにないようです。

ice アイス は高価な宝石のことで、通常はネックレス、リング、
チェーン、イヤリングに取り付けられたダイヤモンドのこと。

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

しかしダイアモンドかダイヤモンドか? 将来的には ダイアモンド が優勢に
なると思いますが、現状ではまだ ダイヤモンド派 が圧倒しているようです。

Cartier カルティエ の CM動画。
こういうCMが打てるということは、そんな社会情勢になってきた
ということで、歓迎すべきことなんですね。

カルティエのCMはヒョウが登場することで知られますが
1910年に見込まれて入社したデザイナーが動物園に通って
デザインに反映させたことが始まりだそうです。
その後、伝説的女性デザイナーが登場し(なんと言っても
パリ本店を90歳で亡くなるまで支配したそうですから。まさに
時代の先端を行く女性だったのでしょう)、パリで始めて
ヒョウの毛皮を着て街を闊歩したと言われます。

ですが、それ以上にジュエリー界に貢献したのは
プラチナの導入です。19世紀的な感覚では、夜の社交界で
宝石を最も輝かせた台座の素材は銀。燭台の灯とはつまり、ろうそくで
その光が最も美しくきらめくのが銀だったのですね。で、時代は
電気へと移り、カルティエの三代目はカルティエを台座に採用したわけです。
これにより軽くて丈夫で、従って細かい細工に耐える素材が宝石の可能性を
大きく広げました、もちろん、イギリス王室などヨーロッパ王室の御用達だった
カルティエも大きく発展したわけです。

ヨーロッパ勢のメゾン(フランスゴ。本来は家という意味)ばかりの中で
ティファニーはアメリカで生まれたのがひとつの伝統。輸入雑貨の店が
やがて金、宝石へとビジネス展開していきました。アメリカという差別化では
アメリカ産の宝石の魅力を世界にアピールしたとされます。王侯貴族の伝統が
ないだけ、勃興しつつある中産階級らの感覚を読み取って商品展開しました。
ディスプレーを楽しんでもらうというコンセプトも、いかにもアメリカ風。
ハイ・ジュエリー(一点もの。注文主の個性・嗜好に配慮した作品)を、
秘密通路つきのビップルームで見せるといった行き方と、ちょっと違いますね。

しかし・・・。宝石を時計に組み合わせるのって、スノビズムの極致だったんだぁ^^
時計を見る仕草で自然に宝石を見せびらかすわけで。
舎人は、見せびらかすということが嫌いだから、それで石そのものはともかく
宝石という社会的ポジションには興味がなかったわけで。
やっぱり視覚は要注意です。show off という行為は単に誇りにとどまることなく、
優越感、差別、嫉妬、嘘といった世界につながりかねません。
やっぱり西洋流の宝石の在り方と、古代中国以来の翡翠の在り方と
相当に違いますね。

イギリスのシンガー・ソングライターでモデルの
Karen Elson  カレン・エルソン がヒロインとして輝いています。
手にキスって ・・・から歌っていますが
歌詞を少し変えて、まっすぐカルティエにお行きなさい
ってPRしてますね。

カルティエ ダイアモンド のCM動画は、ここをクリック

ご本家、マリリン・モンロー Marilyn Monroe のパフォーマンス。
映画「紳士は金髪がお好き」 Gentlemen Prefer Blondes
でのパフォーマンス。ウィキよると2つの高音が出せなくて
ソプラノ歌手の助けを得たんだとか。本来はブロードウェイミュージカルね。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

舎人独言には
★エロスに変容するバラの寓意
★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
★オパキャマラドの風景
★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

といった解読シリーズがあります。

ハートを捧げます と言っても、
ダメよ ダメ ダメ って No を繰り返す女性って
いるんでしょうね。それはそれでかわいい。

若いときは、こんな女性は軽蔑して遠ざけていました。
潔癖感と正義感が大事だったんだね。
でも、そんな損得づくの駆け引きも、大して悪気があるわけじゃない
みたいなんだね。結構、多くの場合。
ま、人形遊びができるまでになった老成した大人の男の余裕かな。
その余裕の中では、やんちゃな女性もかわいいんですよ。

映画「ムーラン・ルージュ」でのニコール・キッドマン Niclole Kidman。
この女優の不思議な魅力は、キュートな可愛らしさと上品な色っぽさが
無理なく両立していることでしょうか。

Burlesque バーレスク の映像。
ムーラン・ルージュといい、これだけ影像で登場してくるということは
ある程度の普遍性があるということでしょう。
女性にダイアモンドはつきもの。普遍的な現象なんですね♪

ダイヤって、1カラット以下では財産的価値がないそうですね。
2カラット以下では価値なし、と聞いたこともあります。
だから2カラット未満のダイヤなんてダメ!
なんてことを言う女性は、では悪女なのか?

いいえ、2カラットでも3カラットでも、10カラット以上でも
ドンと来い!
そんな男になればいいんですよね^^

しかし・・・ダイアモンド という表記が正しいのか
ダイヤモンドが正しいのか。
圧倒的多数派は、ダイヤモンドですが。
これは、3番目のアが、その前のイの影響を受けて
ヤに変化してしまう日本語の口語的な癖でしょうね。
舎人が元いた新聞社のスタイルでは
ダイヤモンドだったと思います。
個人的には、ダイアモンドですけどね。
ということで3文字の場合は、ダイアと表記しました。