ジェームズ・ブラウン 和訳 It’s A Man’s Man’s Man’s World

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

ゲロッパ、ゲロッパ と最後は燃え尽き、抱えられて舞台を下がるパフォーマンス?^^
で知られるJBことJames Brown。
シャネルの香水 Coco Mademoiselle ココ マドモアゼル で使われた
ジョス・ストーン(3つ目の動画)ほかも♪

これが男の世界ってもの
こいつが男の世界ってこと
だけど 何物でもないさ 何の価値もない
女 それか 年若の女性がいなけりゃ

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
本当? インチキ?
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
[Verse 1:]
わかるだろ 男は車をつくるんだ
道をずっと連れてってくれるヤツだ
男は列車をつくるんだ
重い貨物を運ぶヤツだ
男は電気ってのをつくる
暗闇から連れ出してくれるヤツだ
男はボートをつくるんだ 水に備えて
ノアが箱舟をつくったみたいにだ

これが男の 男の 男の世界ってヤツだ
だけど 何物でもないさ 何の価値もない
女 それか 年若の女性がいなけりゃ

[Verse 2:]
男は考えるさ ちっとは かわいい娘とかガキとかのことを
男はそいつらを幸せにするんだ
なぜって 男ってのはそいつらに玩具をつくるんだから
それで 男が全部をやっちゃったら 
彼ができる全部ってことだけどね
わかるよね 男は金を稼ぐんだ
ほかの男から買い取るために

これが男の世界ってもんだ
だけど 何物でもないだろう 何の価値もありはしないだろう
ほんのちっぽけな価値もない
女 それか 年若の女性がいなけりゃ

彼はさまようんだ 荒野で
失われるんだ キビシサの最中で
道を失うんだ 途方に暮れるんだ どこかで

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

記憶にある限り、ジェームズ・ブラウンの日本での最初の
ヒットはこの曲「マンズ・マンズ・ワールド」だったと思うのだけれど。
ラジオでよく流れていました。2週にわたって全米ナンバーワンを記録しました。

男は偉い。いろんなものを創りだすんだ。
だけど女はもっと偉い。その男を生み出すんだから。
俚諺どおり、「女とはえらきものなり 釈迦や達磨をヒョイヒョイと生む」
というわけです。・・・ま、男もつらいよね。

共作者であり、当時の恋人であったBetty Jean Newsome ベティ・ジーン・
ニューサムがまず It’s A Man’s World をつくりました。
聖書からの着想と、ベティのJBを含むボーイフレンドたちの観察から、
書かれたそうです。
その歌詞を基にJBが、1963年のヒットコメディ It’s a Mad, Mad, Mad,
Mad World にひっかけて It’s A Man’s, Man’s, Man’s World と
なりました。
後にベティは、JBはまったく歌詞を書いていない、時にロイヤルティーを
支払っていない主張してと裁判を起こしています。

JBは最初に配下の Tammy Montgomery( Tammi Terrell )のために
用意していて、同じコード進行の I Criedとしてリリースされました。

デビューアルバムからしてブルース色いっぱいだったけど
フランスのパトリシア・カース Patricia Kaas  が採りあげると
やっぱりエレガントさをまとい、オシャレ感が出ています。

Joss Stone – It’s a Man’s World (Coco Mademoiselle)
しかしジョス・ストーン、細身で可愛らしい顔立ちだけど
ブルーススピリットはハンパじゃありません。
I put a spell on you でも素敵なパフォーマンスを聴かせてくれました。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

メロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Get Up I Feel Like Being Like a Sex Machine です。
ゲロッパとは 音声学的には、ゲット・アップ の t が l に
変化していて、そのうえに、最後の p の音の跡の、息を多く吐き出す
歌い方で uh が加わって、パ と聞こえることになるわけです。
t が l に変化するのは、口語的に早口で言った利するときによく
起きる変化で、たとえば water ウォーター が ワラ になるのは有名。
ほかに わかる? という意味の Get it? も、ゲリ に聞こえたりします。
最近は party people パーティ・ピープル を、日本人らしくも
パリピ と言うようですが、この パリ も同じ変化です。

ただし日本語のラでは、舌が上の歯についておらず、少し臆でくっつくのに
対し、英語のこの場合のラは、 ティーと発音する位置で、舌が上の歯に
くっついてから離れて発音されます。
ウォーターがワラになるのは許せない、と言った日本人を知っていますが
そもそも舌の位置が同じと思っていからる、そんな発言になるわけです。

パリピと短くするのは外国語で特に起きる日本語の現象ですね。
パーティーピープルと、長音と母音を含めて発音する日本語じゃ
話していてもまどろっこしくていけねぇ、という感覚ですが
日本語にするとやたら音節が増えちゃうところがモンダイなのでしょう。
母音抜きで、そして無意味に音を伸ばしすぎないように正しい英語の発音をしたら
そこまでまどろっこしくないのだけれどナ^^:

井筒和幸監督の ゲロッパ! は愛知県蒲郡市のラグーナテンボス(以前は
トヨタが資本と人材を投下したラグーナ 蒲郡)などでロケされました。
蒲郡市役所で定例記者会見の席上、知名度アップになると 映画製作が
行われると発表されたわけですが(正式な映画製作発表とは異なります)
ちょっと前は大塚の海でした。漁業権はすでになくなっていたから
埋め立てはスムーズにすみました。大塚には4年ほど住んでいたことがありますが
今でも潮干狩りの穴場となっています。
西田敏行らによるドタバタでしたが、意外?や、ヒットしました。
でも大当たりした パッチギ! のひとつ前の作品で、逆だったら
もっと注目されたかもね。

Christina Aguilera

Etta James  エッタ・ジェイムズ
アデルのお蔭で少しは見直されているようです^^

Charly Luske – This Is A Man’s World (The Blind Auditions | The voice of Holland 2011)
オーディション番組で選曲されるって、つまり誰にもわかりやすい
名曲ってこと♪