枯葉 ジャン・ギャバン 和訳 俺の人生 Maintenant je sais 高倉健 

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

名優、ジャン・ギャバンが、あの「枯葉」のスピンオフである
シャンソン Maintenant je sais 今、わたしはわかる を語り、歌います。
削除に備えて、4つの動画を入れておきます。

ほんのガキの頃のことだ。
一丁前に見せようと
声高に言い放っていたものだった。
「知ってるよ」「わかるさ」「わかってるさ」「わかってるって!」
それがデビュー、人生の春だった。
しかし、18歳になると、こう言っていたんだ。
「そう、わかるよ。そう来なくっちゃ、こいつはご存知さ」


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
  翡翠マグは現在、日本国内では販売しておりません。
ウィスキーやブランデー、白酒、ワインもまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の
一端を実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
11月4日(土)、11日(土)、12日(日)、23日(木)、
12月3日(日)、17日(日)、25日(月)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
 
 
そして今日、あの日々を振り返る。
100歩も足跡をつけた大地を見回し
地球がどんなにして回っているかなど
わかっていなかったと思い知る。

25歳の頃、わたしはすべてを知っていた。
恋愛、バラ、人生、はした金。
ああ、そうさ。恋!
恋愛ならひととおりはね。

幸せなことに、仲間たちと同様
自分のお迎えが来たというわけではない。
今も人生のさなかで学んでいるが
わかったことは3、4の言葉で言える。
「誰かがお前を愛した日々は、とても美しい」ということ。
うまく言えないが、「とても美しい」のだ。

(歌)
人生の秋にあって
それでも人生に驚かされている。
いくつかの悲しみの夜を忘れても、人は
愛に満たされた、その日の朝を忘れないものなのだ。

若いときはずっと、「わかっている」と言いたかった。
ただ、求めるほどに、知ることから遠ざかったのだ。
わかっている。時の鐘は60回、打ち鳴らされた。
わたしはまだ窓辺にいて、眺め、自問している。

今、わたしにはわかる。
「人は決してわかるということはない」のだ。
人生、愛、金、友そしてバラ。
人は、こうした営みの
ざわめきも、色合いも、決してわかることがない。
それが今にして知るすべて。
そうとも、それが、わかったすべて。

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌の世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

シャンソン名曲集1はここから

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

美しいバラード名曲集はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

1976年11月15日朝。パリ。
俳優ジャン・ギャバン、永眠。

あの「枯葉」のメロディを取り込みながら
名優ジャン・ギャバンが滋味のある語りを聞かせてくれます。
日本でシングルレコードが出ていましたが
タイトルは「俺の人生」でした。
にしても、あの日本語訳はわけがわからなかったな。
あれで、お金を取っていいのかな?

高倉健は、なりたい俳優としてジャン・ギャバンを挙げていましたね。
なんにでもなれるから、って。
同時に、あまりに辛いから
あのような人生は嫌だとも。

マレーネ・ディートリッヒが最も愛した男性だそうですから
それだけで幸せとも思うのですが。

レコーディングは70歳の誕生日の翌日。
死去の2年前のことです。
なんでも、「若い人はどう聴くだろうか。感じ取ってくれるだろうか?」と、
気がかりだったそうです。
お聴きになるとおり、立派に
「ジャン・ギャバンの枯葉」になっていますよね。