ケレン・アン 冬の庭 和訳 アンリ・サルヴァドール ステイシー・ケント

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

Keren Ann ケレン・アン の 
Jardin d’hiver 冬の庭 を翻訳したページです。
おしゃれな Emilie Claire Barlow エミリー・クレア・バーロウ や
アンリ・サルヴァドール(こもれびの庭に)
ステイシー・ケント(冬の温室)のパフォーマンスも紹介しています。
個人的には エミリー・クレア・バーロウ(最初の動画)がベストです。

Emilie Claire Barlow のパフォーマンスは
ストリングスがまた雰囲気を変えていますね♪
グッとオシャレな感じ♪
ジャジーに唄えることもできる人だけれど、あえて
ちょっと可愛い感じなのね^^

★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

 
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
本当? インチキ?
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
わたしは欲しい 緑の太陽が
レースの飾りが ティーポットが
海辺の写真が
わたしは冬の庭にいる

わたしは欲しい
光が ニュー・イングランドにいるかのような
雰囲気を変えたい
わたしは冬の庭にいる

11月の雨の下 わたしの花柄のドレス
あなたの手が駆け巡る わたしはこれ以上待ちきれない
歳月は過ぎ去っている 青春の時代は遠くにある
誰もわたしたちのことを理解できない

わたしは欲しい フレッド・アステアが
また見たい プロペラ機(水上飛行機、ラテコエール)を
わたしはいつだって あなたを喜ばせたい
わたしは冬の庭にいる

わたしはランチがしたい
明るい入り江に沿った大地の上で
わたしはあなたにキスをする 目を見開いて
わたしは冬の庭にいる

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

青春、朱夏、白秋そして玄冬。
人生は四つの季節、四つの色彩にたとえられます。
冬の色は黒なんですね。
その暗い老齢に至って振り返れば、青春そして朱夏でなじみ
親しんだことのなんと愛おしいことでしょう。

緑の太陽 は、映画などを下敷きにしているかもしれません。

エミリー・クレア・バーロウのパフォーマンスって
ますます映画の挿入曲に相応しい感じ。
でもこの動画、最後はどうしてヴェネツィア?

エミリー・クレア・バーロウ はカナダのフランス語圏
ケベック州のトロント出身。ケベックは住民投票で
独立を目指したこともありましたね。

Henri Salvador  アンリ・サルヴァドールの
アルバム Chambre avec vue(1999年9月リリース)
で創唱されています。
Paroles & Musique : Keren Ann Zeidel – Benjamin Biolay
とあって、どちらが作詞、作曲かはよくわかりませんが
ケレン・アンが当時の恋人でネガティブの歌で紹介している
バンジャマン・ビオレと共同でつくり
自らのアルバム La Biographie De Luka Philipsen (2000年)
に収録しています。
でも、彼はいま、ヴァネッサ・パラディと交際中。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Henri Salvador  アンリ・サルヴァドールのパフォーマンス。
ボサノヴァとしては、ケレン・アンより、こちらの方がよりブラジルらしい
しなやかさを備えているようで、自然に聴こえます。

わたしは欲しい 緑の太陽が
レースの飾りが ティーポットが
海辺の写真が
わたしは冬の庭にいる

わたしは欲しい
光が ニュー・イングランドにいるかのような
雰囲気を変えたい
わたしは冬の庭にいる

11月の雨の下 君の花柄のドレス
わたしの手が駆け巡る わたしはこれ以上待ちきれない
歳月は過ぎ去っている 青春の時代は遠くにある
誰もわたしたちのことを理解できない

わたしはフレッド・アステアのことが好きだ
また見たい プロペラ機(ラテコエール)を
わたしはいつだって あなたを喜ばせたい
わたしは冬の庭にいる

わたしはランチがしたい
明るい入り江に沿った大地の上で
わたしはあなたにキスをする 目を見開いて
わたしは冬の庭にいる

タイトルの Dans mon jardin d’hiver は、
直訳すれば わたしの冬の庭の中に という
日本語になるでしょう。jardin d’hiver 自体で、
温室 という意味もあるそうです。
歌の全体像としては
緑の太陽とかレースの飾り、ティーポット、
海辺の写真、ニューイングランドのような光、
水上飛行機、フレッド・アステアが
自分の冬の庭にほしい ということになります。

ですが、どうも、歌詞としては
現在、冬の庭にコレクションしておきたい
というより、冬の庭にいるわたしが今、
緑の太陽やレースの飾りがほしい と
言いたいのではないでしょうか?
そこまでは言いきったら現実が辛くなりそうだから
dans mon jardin d’hiver と抑えたけれど、本当は
Je suis dans mon jardin d’hiver 書きたかったのでは?
なんて思うんですネ。
つまり dans mon jardin d’hiver は
Je suis が省略されていると取るほうが
自然と感じるのですが。
省略したくなる背景として音符の制限もあるわけだし。
合理的に考えても、
水上飛行機とか過去のいろんな事物を
冬の庭に集めるわけにはいかないじゃん?
想像の中なら可能って、言ったってサ?

もちろん、「わたしの冬の庭の中で」
とフツーに意味を取った方があぶなくないのですが。
ちょっと無理目な翻訳のほうが、主人公の
いま現在にいたった状況が、より効果的に印象
づけられる、と敢えて踏み込んだ翻訳を試みました。
やはり、邪道かな?
これまでで最大のオリジナルへの侵害かも。

シャンソンほか英語圏以外の歌に挑戦している
ステイシー・ケント  Stacey Kent のパフォーマンスは
なぜか、グッと深刻さを帯びるようで・・・。
これが都会的アンニュイというものか。
ま、良くも悪くも英語圏風ということで^^