エンゲルベルト・フンパーディンク 和訳 思い出の歌

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

Engelbert Humperdinck の連続3曲目は、The Way It Used To Be。
1969年の大ヒットですが、全英3位まで挙がりました。
オリジナルはイタリアのカンツォーネで、Isabella Iannetti  イザベラ・
イアネッティが1968年年にヒットさせ、翌年もあの Che sarà を作曲した
Jimmy Fontana ジミー・フォンタナのカヴァーがイタリアでヒットしています。

一番下で、前の2ページの紹介曲を除いて、彼の名曲集を♪

ひとりきりの寂しいテーブル
明るく混み合った部屋でのこと
音楽が始まり わたしは
暗がりの中、想い出に合わせて飲んでいる
音楽は今も同じなのに
甘く苦いリフレーンが繰り返されている

 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
  翡翠マグは現在、日本国内では販売しておりません。
ウィスキーやブランデー、白酒、ワインもまろやかに美味となる翡翠マグの不思議の
一端を実際に体験していただくため、無料体験会を開いています。
11月4日(土)、11日(土)、12日(日)、23日(木)、
12月3日(日)、17日(日)、25日(月)、いずれも午後1時から4時半まで。
場所は愛知県安城市のアンフォーレ(安城市図書館、JR安城駅から徒歩4分)エントランスホールです。
 
  
だから歌を聴かせてれないか 以前にやっていた風な
彼女が立ち去り 全部を悲しみに変えてしまう前に
それで多分 彼女が窓際を通りかかったら
ラヴソングとメロディを聴くことになるんだ
そしてたとえ言葉が余り優しくなくたって
彼女はいつだって覚えているだろう
以前はどうだったかを

友達が立ち止まってはハローって言う
そして わたしは笑い 苦しみを隠す
簡単さ 全く 彼らが行ってしまうまでは
それからなんだ 歌がまた始まるのは

だから歌を聴かせてれないか 以前にやっていた風な
彼女が立ち去り 全部を悲しみに変えてしまう前に
それで多分 彼女が窓際を通りかかったら
ラヴソングとメロディを聴くことになるんだ
そしてたとえ言葉が余り優しくなくたって
彼女はいつだって覚えているだろう
以前はどうだったかを

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌が意味する世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

トム・ジョーンズの陰に隠れがちだったけど、エンゲルベルト・フンパーディンク
のほうが本物(正統)らしいと思って、密かにひいきにしていました。
最初に買ったのは リリース・ミー と ラスト・ワルツ など4曲が入ったEP盤。
その後、アルバムは買えなかったけれど、ずっとシングルを買い続けていたんだよな。

美しいバラード名曲集はここをクリック

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス 名曲集

メロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

美メロ・デュエット名曲集はこちらをクリック

シャンソン名曲集1はここから

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

Release Me
まさにこの写真、EP盤でさんざん聴いた想い出の写真です。
で、ラスト・ワルツとリリース・ミーをレコードに合わせて歌っていました。
自然I英語の勉強になっていたんじゃないかな?

The Last Waltz
ラスト・ワルツはカヴァーしたミレイユ・マチューがあんまり素晴らしいので
彼女で別のページをつくっています。
是非、聞いてみてください。サビの部分の歌詞が、いかにもシャンソンらしく
人生を感じさせるもので、そんなところもミレイユ・マチューになってしまう理由。

A man without love    愛の花咲くとき

Am I That Easy To Forget

これもよく歌ったものです。
「君、新しい誰かを見つけたんだってね
俺ってそんなに忘れやすい男?」
なんて、ちょっと情けないけどねぇ。

AFTER THE LOVIN’

Quando quando quando‏
当然ながら、
「その手は クアンド クアンド クアンド」って歌ってましたねぇ^^

DEEP IN MY HEART

Les bicyclettes de Belsize   地平線の彼方に
この歌くらいまでは日本でもシングルがリリースされていたと思います。
その後、新譜を買っていない気がします。
ロンドンの ベルサイズ公園 を、二人で自転車に乗って・・・
といったことでしょうか、同名の短編映画の主題歌。
ラスト・ワルツと同じ Barry Mason と Leslie Reed が手掛けた作品。