アズナヴール 和訳 ラ・ボエーム イザベル じっとこうして CM曲

世界の永遠の名曲に日本語訳をつけて応援しています。
魔法? 失われた古代の 不思議 が復活です! 笑顔がはじけていますネ。
2つ目のマグカップの動画です。(弊社PR)

ラ・ボエーム、イザベル じっとこうして
恋は1日のように She を翻訳しています。
まず。La Bohème の全訳です。

君たちに語ろう 
20歳に満たない者にはわからない 
あの頃のモンマルトルを 
リラの花が垂れ下がっていた  
わたしたちの窓のすぐ下まで 
そして わたしたちがねぐらとした 
ひどく質素な家具付き部屋はみすぼらしかった 
そこなのだ わたしたちが初めて愛し合ったのは 
空腹を抱えていたわたし 
ヌードのポーズを取っていた君  


 
★舎人独言にどんな音楽がある?を探す
ミュージックリスト(目次.クリックできます)はこちら。

ガリレオを支持できましたか? 翡翠マグは?
今まで見たこともない翡翠の プチ不思議 は23秒から。
皮膚トラブルで貢献できるケースだってあります(この行をクリック)
翻訳と同じく ありのままを誠実に です^^

 
翡翠マグの不思議を実際に体験していただくため、8月21日(月)、26・27日(土・日)
の3日間、午後1時から4時半まで、愛知県安城市の安城市図書館(JR安城駅から徒歩4分)
エントランスホールで無料体験会を開きます。

 
ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
それは 幸せだったということ 
ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
わたしたちが食べたのは  
2日に1度に過ぎなかったということ  

近くのカフェで  
わたしたちは大した者だった 
栄光の訪れを待ち構え 
極貧で空きっ腹を抱え 
信じることをやめたりはしなかった 
そして幾つかのビストロに出かけるとき 
旨くて熱い食事とひきかえに 
1枚のカンヴァスを持ち込んだのだ 
わたしたちは詩をそらんじ 
ストーヴの周りに集まり 
冬の寒さを忘れようとしていた  

ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
それは 君が美しいということ 
ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
わたしたちが皆、才能に溢れていたということ  

イーゼルの前で  
よく夜を明かしていた 
デッサンに手を加えていたのだ 
胸の線の 腰の輪郭の 
わたしたちがようやく腰を下ろしたのは 
朝になっていた 
一杯のカフェ・クレームを前に 
疲れ果て 喜びに溢れて 
そうなのだ わたしたちは愛し合っていた 
そして 人生を愛していた  

ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
それは 20歳ということ 
ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
わたしたちが無一文だったということ  

ある日のこと  
かつて住んでいた場所へ 
立ち寄ることになった 
わたしの青春を見ていた壁も通りも 
もう見知らぬものだ 
階段を上ったところで わたしは 
アトリエを探した 
そこには何も残っていない 
新しい装いを施され 
モンマルトルは悲しげで 
リラは枯れていた  

ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
若かった 狂おしかった 
ラ・ボエーム ラ・ボエーム 
今は何も 語ろうとはしない

帰り来ぬ青春 の翻訳はここをクリック
シャンソン名曲集1はここをクリック

「気」を発振する不思議な翡翠マグ と I love youの日(8月31日) の
青雲舎(株)が日本語への置き換えに挑戦しています。
それは歌の世界を可能な限り正確に理解するための試みです。
無断転載はご容赦ください。リンクはフリーです。

 

フレンチ・ポップス 名曲30選 のページはこの行をクリック

ネクラだけど誠実な名曲集 はここをクリック

自殺者の歌 名曲たち はここをクリック

美しいバラード名曲集はここをクリック

クラシック曲を歌ったポップス名曲集はここをクリック

隠れたメロディの宝庫・ラテンポップス名曲集

ミュージカル名曲集はこちらの行をクリック

デュエット名曲集はこちらをクリック

40を超える動画で紹介するボサノヴァ名曲集はここから

45の動画で紹介するサンバ名曲集はここから

25の動画で紹介するウェディングソング隠れた名曲集はここから

おしゃれなデートソング名曲集はここから

オールディーズ名曲集1はこちらから

35の動画で紹介するクリスマスソング名曲集はここから

K-POP名曲集1はここから

    舎人独言には
    ★エロスに変容するバラの寓意
    ★ノートルダム大聖堂の聖なる秘数
    ★オパキャマラドの風景
    ★映画「華麗なる賭け」チェスシーンのセクシーの秘密
    ★名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の実在のモデル発見
    ★映画「男と女」サンバ・サラヴァの謎

    といった解読シリーズがあります。

スペイン語で歌っています。
映像の雰囲気がいいから。

C’est là qu’on s’est connu を
そこなのだ わたしたちが初めて愛し合ったのは
と訳しました。 
わたしたちはそこで知り合った といった翻訳が多く
初めて愛し合った という訳は2014年7月2日現在、
ほかに例がないようです。
connaître は、体験的に知るという意味でいいと思います。

シャルル・アズナヴールを抜きにしてシャンソンを語れるでしょうか?
そしてラ・ボエーム抜きに、シャンソンを語れるでしょうか?

プッチーニのオペラより先に、
こっちの La Bohème  を知って
中学2年の坊はすっかりシャンソンにはまりました。
右手にロック、左手にシャンソンという変てこな二刀流^^

貧困にあえいだモディリアーニやユトリロ、
モデルのキキらのイメージを
ある貧乏画家とその恋人の青春に重ねながら
Charles Aznavour にとっては幼少期を過ごした場所、
モンマルトル Montmartre への
懐旧の情もこめられているようです。
シャンソンというジャンルを超えて不朽の名作でしょう。
人が人であり、青春が青春である限り。

モンマルトルからモンパルナスへと居を変えたモディリアーニは
モンパルナスの貴公子であり華だった人気者だけど、皿洗いや配達のバイト
をするわけでもなく、絵一筋の赤貧生活。議論とケンカ、そして詩。
ポケットにいつもロートレアモンの詩集を入れていたと言います。
美への憧れなのか、本能のままなのか、女性との遍歴は絵に描いたように豊富^^
出逢いから二度目で好みのタイプの女性に「絵を見に来ないか?」と
顔を赤らめながら誘ったと、後に恋人となったイギリス人ジャーナリスト、
ベアトリス・ヘイスティングスは書いている。ベアトリスのお陰で
モディリアーニは作風を確立したけれど、酒と麻薬をけしかけたとも言われます。

モンパルナスでのお気に入りの居場所は十字路の角にあるカフェ Café de
la Rotonde ロトンド です。つけがかさんで催促されると、書いたものを
持ち込んで精算しました。それでロトンドには今も、モディリアーニがいっぱい
壁にかかっています。というわけで、モディリアーニって、このラ・ボエームの
モデルみたいにも見えるんですネ。

ボエームとは、ボヘミアンのこと。
ここでは画家を最も意識しているでしょうが
詩人などの文学を含めて
芸術に生きようとする者の生活の姿勢、そうした若者たち
と受け取っておきたい。

由紀さおりさんの流行歌でさえ、
アズナヴール流しながら♪ と歌われたほどです。
で、1曲聴いたら、もうだめ。1曲では終わりません。
素晴らしい曲、ありすぎなんです。

  
   

Charles Aznavour の名前を一躍、
世界的な位置に押し上げたのが
この イザベル です。
日本でもラジオでよく流れました。
語りと歌の絶妙な混交は、恋人たち二人の姿を
よりヴィヴィッドに描き出しています。

長い間 わたしの心は遠ざかっていた
全く思ってもいなかったのだ
目覚めなくてはいけないなどとは
けれども わたしは君の声を受け入れた
頭を持ち上げた
そんな風に 恋がわたしを連れ戻し
考える間もないのだった

Isabelle Isabelle Isabelle Isabelle
Isabelle Isabelle Isabelle
Isabelle mon amour (モナムール わたしの恋人よ)

その指を木と樹皮の間に差し込むかのように
恋はわたしの肌の下に こっそり忍び込んだのだ
それは余りにも執拗(しつよう) そして余りにも力強く
わたしにはもう 落ち着きも安らぎもないのだ

Isabelle Isabelle Isabelle Isabelle Isabelle Isabelle
Isabelle Isabelle Isabelle mon amour

君のそばで過ごす数時間は数秒のように逃げて行き
君から離れた数日は 数年に似ている
それは わたしの恋に世界の終わりを味わわせ
わたしの思考と同様 身体をも狼狽(ろうばい)させるのだ

Isabelle Isabelle あはは Isabelle ああ だめだって Isabelle
Isabelle おお Isabelle mon amour

君が生きるのは光りの中だ そしてわたしは片隅の闇の中だ
なぜなら君は死ぬ程に生きることを求め
わたしは死ぬ程に愛を求めるから
わたしは君の影を愛撫して満ち足りるだろう
君が永遠に 君の運命をわたしに差し出したのなら

Isabelle Isabelle Isabelle Isabelle
Isabelle Isabelle Isabelle mon amour
  
   

買ったレコードのライナーノートには
或る映画でトラックの運転手がこの歌を聴いていて
「やっぱりアズナヴールは最高だ!」と語っている。ということは
フランスの演歌か? と言う意味のことが書かれていました。
日本の、特に女性演歌歌手の皆さんは長距離トラックの運転手さんに
支えられて世に出たという事情がありますね。
深夜放送のラジオでDJを担当して、親しみを持ってもらうという戦略。

再録したヴァージョンもいいのですが、一つだけなら
この最初のものが基本でしょう。
デュエットアルバムでのスティングとのパフォーマンスもありますが。

太陽は輝いている 燃え盛って 
しかし わたしが見るのは君の瞳
思い乱れるわたしの両手の前にある
君の裸体の白さだけだ
さあ 取り逃がしてはいけない
愛によって刺繍された朝の数々を
さあ 死なせてはいけない
春を わたしたちの喜びを

恋 それは1日のようだ
過ぎ去って行く 恋は過ぎ去るのだ
太陽が宴会にあり 月が口喧嘩をし 雨が戦う1日のように
恋は過ぎ去っていく 恋は過ぎ去っていく

恋 それは
限りない微笑みの 限りない優しさの 限りない愛撫の1日のようだ
恋は1日のように
過ぎ去って行く わたしの恋は過ぎ去っていく

わたしたちの夏は行ってしまった
そして君の瞳は わたしを忘れた
君は覚えているか わたしたちのハートが
恋を語った あの日々を
わたしたちは幸せの断片だけしか
とどめることができなかった
こらからのことはもうない たとえそうであっても
わたしたちには残されたのだ ひとつの思い出が
  
恋は一日のように
    
      

YOUTUBEで偶然に見つけました。
Nara Noïan の L’Amour c’est comme un jour
女性ならではの繊細さと、現代的な
恋愛の不可能性を感じさせる音。
名曲が時代に合わせて名曲として残っていくには
こうした感覚の刷新も豊かに
取り込んでいくことが必要だと思います。
敢えて挿入します。
  

 
RESTE 。邦題は「じっとこうして」。
なんとも美しいベッド・タイム・ソングです。
舎人独言ではほかのベッド・ダイム・ソングをいろいろ
採り上げていますが、これも絶対に欠かせません。
日本では女性歌手が日本語で歌ってくれます^^

子供には毒、大人だけ。
でも中学生でよく聴いたもんね^^
当時、動画はなかったけどさ。なかっただけに
それで妄想壁を育てちゃったんだろうなぁ^^

でも、こんな歌でも感動的なのは
祈りがあるから。
この愛の輝かしく、永遠であることを願う
愛欲にとどまらない真剣な祈り。
まぁ実際はなかなか長続きしないから
困っちゃうけど、すくなくともその時は
そんな風に都合よくというか、上手に恋愛をするんですね♪

動かないで
まだ このままで
わたしと一緒に
わたしの体の上に
わたしの腕の中に
抱かれ
あえぎ
満ち足りて
うっとりと
安らぐがいい 熱気の中に
ぐったりと
夜に閉ざされ
わたしの心臓の上に
羞じらいはなく
乱れ
ほとんで裸体で

こうして とどまるがいい
君はむさぼるまま
わたしの命の上に
わたしの手に 髪を振り乱し
とらわれ 
横たわり
しどけなく
じっと こうして
言葉はなく
君の喜びに重ね
わたしの肌に重ね
希望の中
漆黒の闇の中
朝が来るまで
モナムール
(わたしの恋人よ)

 
   
素晴らしいシャンソンですよね?
君の指の動きはまるでバレエのようだ
とか、うなずけます。
歌詞にあるとおり、おもわず涙ぐんでしまいます。
Mon Emouvant Amour  声のない恋

ステージの最後に歌われるのが
Les bons moments です。
ぼくたちはいい時を過ごした
と、最後まで優雅な別れを語ります。
でも、適切な音源が見つかりませんでした。

Donne Tes Seize Ans

君の16歳を与えなさい   
それって、犯罪じゃない?
でも、いい歌です。

Et pourtant 思い出の瞳
シルヴィー・ヴァルタンに「アイドルを探せ」という
フレンチポップスの代表曲を贈ったアズナヴールですが
この歌は同名映画の挿入歌でした。

街角の瞳
なんか瞳シリーズでつけられちゃったタイトルでしょうか。
わたしは一人片隅で のほうが原意そのままですし
内容的にも相応しいようです。

しかし、ライヴでこれだけの完成度です。
演じるから、恥ずかしくはないのかも。
シャンソンはドラマです。